1. TOP
  2. プロダクトローンチにおけるプロジェクトの有益なコスト配分について

プロダクトローンチにおけるプロジェクトの有益なコスト配分について

 2018/10/24 マーケティング
この記事は約 4 分で読めます。 70 Views

今日はですね

プロダクトローンチにおける
プロジェクトの有益なコスト配分について
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
について
話していきたいと思います。

動画でも詳しく解説しました。
=================

『プロジェクトの
 有益なコスト配分について』


3分41秒

=================

こんな質問をいただきました。

「自分の事業のLP(ランディングページ)
 作成や足まわりの設定を
 仲の良い仲間に依頼する時に

 利益の何割を支払えば
 いいでしょうか?

 事業の立ち上げに必要な資金は
 全部自分で負担していて

 ・企画集客の試案
 ・コピーライティング
 ・顧客のコンサルティング

 をすべて自分で行います。

 円滑なチーム運営をする場合の
 支払い割合について
 ご意見頂ければ幸いです」

これについて回答します。

ぶっちゃけわかんないです!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
どういうことかというと、、、

相手の力量によって支払う割合は
全然違うんですよね。

本当に最初からゼロからボーン!って
売り上げを上げるぐらい
すごい力量のある
プロデューサーだったら

当然5割とか6割とかの利益配分に
したっていいし

そうじゃなくて
自分と同じくらいの力量か

もしくは、こちらの責任が圧倒的に
多いというふうに判断するなら

利益の1割とか2割の範囲に収まるのが
いいです。

利益配分じゃないほうが良い場合も
あります。

もうほとんど自分で考えてやっていて

あとは「何かページを作ってください」
という依頼だと

ホームページだったら1件15万円とか

制作費、作業単位で外注的に
お金を払った方がいいですね。

そのやり方だと
「利益が残りやすい」です。

それから事業を継続して伸ばしていく
ときに大事な要素は

『広告費』です。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
これはもう目安が明確にあります。

広告費は、LTVが年間100万円の場合

※LTV(Life Time Value)とは
 顧客が一定期間内にその企業の商品や
 サービスを購入した金額の合計のこと
 
この場合は100万円の少なくとも20%
20万円は広告費を使わなくては
いけないですね。

広告費を一切かけないで無料だけで
集客をやるのは、事業の成長スピードを
遅くしてしまいます。
=================

・製作費 10%から20%

・広告費 20%から30%

これがコストとしてかける割合です。

=================

『コンサル型ビジネスの利益は100%だ』

と言われたりしますが
それはビジネスに投資しない人の
考え方です。

コンサル型ビジネスであっても
ちゃんとお金を使って事業を大きく
していくという考え方が大事なんです。

最初は小さくやりながら
100万儲かったら20万広告に費やす
300万儲かったら60万費やす

制作費に沢山お金を使うよりも
広告費にお金を使うのが大切です。

まとめます。
=================
相手に仕事を依頼する場合の
利益配分割合は相手の力量によって
変わっていく。

さらに売り上げを伸ばしていく
ためには広告費を使いましょう。
=================

今回はプロダクトローンチ資金の
使い方についてお伝えしました。

ではでは。

\ SNSでシェアしよう! /

田中祐一公式ブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

田中祐一公式ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

田中 祐一

田中 祐一

1986年1月23日生まれ新潟県出身。
芝浦工業大学材料工学科卒業後、株式会社NTTデータに入社。意識高い系の彼女に安定企業で給料をもらう生活を馬鹿にされフラれた事がきっかけで起業の道を志す。
クライアントのプロダクトローンチを実践することで、年商300万円のクライアントが、30日で4000万円を売り上げている。
現在はエンジニアの経験を活かした、緻密なマーケティング・プロセスを設計し、爆発的に売り上げをあげるプロダクトローンチを武器にビジネスを展開。累計5億円以上の販売実績がある。ネット集客の専門家として全国の商工会議所で販売促進セミナーも開催している。

この人が書いた記事  記事一覧

  • NO IMAGE

    好きな場所で好きな時間に好きな仕事をする。

  • NO IMAGE

    プロデュースの本質とは?

  • プロデューサーとしての覚悟はあるか?

  • できる!できる!君ならできる!

関連記事

  • 2016年達成したこと(続編)

  • 人を動かすコピーライティング29の法則プレゼント

  • コーチング?そんなん知らんし・・・

  • プロデューサーに選ばれる人の条件とは?

  • 業界別集客関連の流入比率等KPIまとめ

  • プロデューサー養成講座