1. TOP
  2. 最強チーム構築法

最強チーム構築法

未分類
この記事は約 4 分で読めます。 1,476 Views

田中祐一です。
昨日のメルマガでは
=========
感謝が足りない
=========
という話をしました。
プロジェクトがスムーズに
進むためには、感謝の気持ちを
もってメンバーに接する必要があります。

まぁ、その話は昨日のメルマガ
を見てください。

⇒ 【プロジェクトがうまくいかな時・・

 
で、今日はまた、
別の角度から”プロジェクト成功法則”
を書いてみます。
僕が初めて行ったプロダクトローンチ、
初挑戦で4000万円という売上があがりました。
これはソフィア先生のプロモーションでした。
当然、ボク1人の力ではここまで大きな
成果が出せるはずもありません。
コンテンツホルダーと
プロデューサーが

「お互いを良くしたい」

という気持ちがあって
大きな結果が出せたんです。
プロデューサーは、
当然コンテンツホルダーの思いを
広げたい!

だからこそ、コンテンツホルダーの想いを汲み取り、
言葉で価値を表現し、拡散することに
積極的です。
プロデューサーだけじゃないです。
デザイナーも、ディレクターも
全員がコンテンツホルダーのために
ベストを尽くそうとしているのです。

一方で、コンテンツホルダーは
どうでしょうか?
自分が売れることばかり
考えていませんか?
本来、「相互支援」の関係になるのだから、
お互いがお互いをカバーする関係にあります。
ソフィア先生は最初から
その想いがありました。
最初のプロダクトローンチ、
ボクだって苦しかったですよ。
ITもわからない、コピーも書けない、
人的リソースだってボク以外いない。
それでも、最後まで走り抜けらたのは
ソフィア先生がサポートしてくれたからです。
一緒にプロモーションの内容を考えてくれました。
困った時、一緒にアイデアを出すのを
手伝ってくれました。
「コンテンツを作ることに集中する」
からあとは任せます!
とにかく売ってください!
なんてことは一言も言いません。
そのサポートしてくれる行動から

僕を引き上げようという思い
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

これを感じました。
結果的にプロダクトローンチは
大成功しました。

だから、僕はソフィア先生に
感謝してもしきれません。

それ依頼、プロモーションは一手に
引き受けています。
では、世の中のプロジェクトは
どうでしょうか?
コンテンツホルダーが
「関係する人全てが幸せになるよう」
配慮しているでしょうか?
行動しているでしょうか?

チームメンバーにも
リスペクトの気持ちを持って
接することができているでしょうか?
それが、「続くプロジェクトの条件」
にもなっていきます。
まだまだだなぁ、
って思うのは、、、
ドカン一発で考えること。
結果に固執すること。
そうじゃないですよ。
プロジェクトは、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
参加している人全員で
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
一緒に成長していくもの。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

そう捉えています。
僕もプロジェクトを通して成長しました。
ソフィア先生もプロジェクトを通して成長しました。
これが良いプロジェクトです。
単発で稼ぐことにフォーカスしているうちは、
まだまだビジネスとしても“初心者レベル“だと
言えるのではないでしょうか?
これは持論ですが、
そう思っています。
ビジネスを通して成長を目指していきましょう。
・より多くの人を幸せにしたい気持ち
・自分の器を広げる
・貢献の気持ち
を広げていく。
聖人君子のつもりはないですが、
僕が3年間ビジネスをしてきて
思うことが、これですね。
僕もまだまだですが
更なる高みを目指します!
追伸:

良いプロジェクトっていうのは
売れたか、売れなかったか?
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

じゃ、ないんだなぁ。
次、また同じメンバーでやりたいか?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

でしょう!
苦楽を共にしたメンバーで
「またやりたいね!」
ってなったのなら、、、
そのプロジェクトは成功です。
逆に、どんなに売れても
「もうやりたくないな」

というのなら、、、
そのプロジェクトは
失敗かもしれませんね^^
チームで仕事をすること
奥が深いですよ。

\ SNSでシェアしよう! /

田中祐一公式ブログの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

田中祐一公式ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!