1. TOP
  2. 売れてしまったらどうしましょう・・・

売れてしまったらどうしましょう・・・

 2019/04/23 マーケティング
この記事は約 3 分で読めます。 54 Views

田中祐一です。

第6期のプロダクトローンチ
実践講座が始まりました。

継続性も含めて、
総勢90名ほどのメンバーです。

おおおおお!

俺もやる気に漲っております。

さて、今日のテーマです。

=================
売れたらどうしよう・・・
という不安はありますか?
=================

ビジネスが停滞する思考の中に

「売れてしまったら困る!」

というものがあります。

毎年コンサルしていて

「たくさんお客様がきたらどうしましょう!」

と言われます。

大丈夫。

そう簡単に売れないから!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

もう年商3000万円とか
売れている人ならビジネスモデルとか
考えて効率的なサービス提供が
できるようになる必要があります。

しかし。
しかしですよ。

駆け出しの場合、

顧客をとってからどうしよう!

ということを考えることほど
無駄なことはない。

そんなことを悩んでいる暇があったら
ブログの1記事でも、
フェイスブックの1投稿でも
しておいた方が建設的だ。

売れない人の典型的な思考は
まだ起きていないことに対して
あれこれ悩むこと。

3流起業家の思考である。

僕たちのビジネスは
先行きが見えない。

俺だってそう。

それが普通ってこと。

だから、売れちゃったなら
売れちゃったでしょうがない。

予想していないことを
楽しむこと大事!

まぁ売れた時点で
サポートできないなら
顧客を断ることだってできる。

僕も6期のローンチ講座は
10人近く断らせていただいた。

僕の講座のテイストに合わないからだ。
お互いに良い選択ができたでしょう〜。

売れたって断ることなんか
いつだってできます。

そこに悩む暇はない。

その前に、見込み客に情報発信し
価値提供して、販売する。

この流れを完遂させることに
集中する方が100倍良いのだ。

時間も当然かかるしね!

あえて言おう!

100倍良いのだ!

だから◯◯したらどうしよう、
というものは無視して
一点突破で行動するのみ。

売れてから悩んでください^^
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

そしたら、
俺も一緒に考えるよ。
だって、大変だもんね。

1つ1つ壁を超えていくのが
起業の世界。

全てのリスクを排除してから
行動なんてできっこない。

俺もたくさん転んで来た。
これからもたくさん転ぶ気。

だって、失敗経験をたくさんしたほうが
大物になれますしね。

小さくまとまるより
そっちのほうがよくないですか?

最初の方、とくに高額商品が
売れるまでって不慣れなことばかりで
大変だと思うよ。

だからこそ、圧倒的な作業量で
一気に突き抜ける。そうありたい。

あれも、これもと悩んでいる
時間はない。

大丈夫、きっとできる。
僕は応援します。

だから余計なこと考えて
立ち止まらないでほしい。

大丈夫。
人間、意外とやれるものです。

\ SNSでシェアしよう! /

田中祐一公式ブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

田中祐一公式ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

田中 祐一

田中 祐一

1986年1月23日生まれ新潟県出身。
芝浦工業大学材料工学科卒業後、株式会社NTTデータに入社。意識高い系の彼女に安定企業で給料をもらう生活を馬鹿にされフラれた事がきっかけで起業の道を志す。
クライアントのプロダクトローンチを実践することで、年商300万円のクライアントが、30日で4000万円を売り上げている。
現在はエンジニアの経験を活かした、緻密なマーケティング・プロセスを設計し、爆発的に売り上げをあげるプロダクトローンチを武器にビジネスを展開。累計5億円以上の販売実績がある。ネット集客の専門家として全国の商工会議所で販売促進セミナーも開催している。

この人が書いた記事  記事一覧

  • NO IMAGE

    日本人が知らない”いのち”の授業?

  • NO IMAGE

    世界には広げなくてはいけない「事実」がある

  • NO IMAGE

    終身雇用崩壊のカウントダウン

  • NO IMAGE

    即断即決。ああ、やらかした。

関連記事

  • 現代教育の障害とは?

  • 新人の時の失敗

  • 地味な起業で30万円!

  • 【残り2日】業界に影響を残すプロデューサーになりませんか?

  • 結果にコミットすると負け

  • あなたの商品価値を伝わりやすくする方法