1. TOP
  2. 地味で平凡な会社員から年商10億超えるためのロードマップ

地味で平凡な会社員から年商10億超えるためのロードマップ

 2023/08/21 マーケティング
この記事は約 7 分で読めます。 206 Views

田中祐一です。

200名以上がエントリーしている勉強会。
あなたも参加しませんか?

明日開催です。
ゼロ・プロデューサー起業 勉強会
https://the-lead4.com/ml-zeropro

============
地味で平凡な会社員から
年商10億超えるための
ロードマップ
============

闇雲に頑張ればいつか稼げる。

わけではないのは
気づいているはず。

では何をすればいいのか?

僕の場合は、裏方から
活動していって
スキルを高めていった。

それがよかった。
それでよかった。

よく、実力もないのに
「月に1000万円稼ぎたいです!」
「1億円いきたいです!」

と言われるが、やはり
急がば回れで着実にスキルを高めて
突き進んでいく方が
土台が強く揺らがない。

中途半端にコンテンツビジネスを
したとして一時売れたとしても
続かない。

散財し、積み上げたものを失う。
商機を逃し、通用しなくなる。
オワコンになるのだ。

一気に作り上げたものは
一気に失いやすいのだ。

僕が10年間生き残れたのは
「いい積み上げ方をした」とも言える。

まだ「何者でもない」方がいたとしたら
「何者かになる」ためのロードマップを
お伝えしていこう。

自分が発信者としてではなく
裏方としてどうしていくのか?

=================
レベル1:地味な起業(サポーター)をする
=================

まずはサポーターとして裏方業務を
やっていこう。

僕はライティングからお手伝いしていた。
別にスキルがあったわけじゃない。
興味があっただけだ。

これが最初の方のマネタイズだった。

そこで

・ファッションスタイリストのセミナー募集
・ITシステム会社のホームページ制作
・スピリチュアル案件のステップメール
・飲食店の忘年会募集など

あらゆる業種のお仕事を
めっちゃ低価格でこなしていった。

ライター業務だけじゃなくて
頼られた仕事は断らず全部やっていた。

・経営者にスマホの使い方を教え
・弁護士会社の採用業務を手伝い
・販促管理システムの改修をディレクションし
・セミナーの受付からチラシ配布まで

まさに秘書業務も含めて
なんでも経験した。

ここでは、経営者が何に
困っているのか把握し
自分から業務を作り出すことが重要

お仕事の対価は、大したことはない。
それでいいのだ。
これがゆくゆく大きなリターンになる。

期待収益:月に3万円〜10万円

===============
レベル2:ディレクターとなる
===============

サポーターとして信頼されると
特定の業務について丸ごと任せられるようになる。

ライティングをするのではなく
何をライティングすると良いのか?
考えるよう丸投げされる。

やりたいことがあっても
具体化していない。
それをなんとか形にする。

場合によっては外注を使って
経営者の願いを叶えていく。

ここでは、事業パートナーとして
どんどん上のレイヤーに食い込んでいく
ことを経験したい。

経営者が手が回らない仕事があったら
無償でもいいので積極的に巻き取っていく。

それがプロデューサーとして
ヒト・モノ・カネを動かせるように
するための準備なのです。

将来を見越して、自社でもシステムや
銀行口座など準備を進めていくのが
この段階。

期待収益:月に10万円〜100万円

===============
レベル3:プロデューサーとなる
===============

プロデューサーはコンテンツホルダーの
期待を超えて、事業を一緒に構築していく。

コンテンツホルダーの未来を考え
短期的、中期的、長期的にビジネスの
方向性を提案する。

そこでイメージ作りができたら
プロダクトローンチをやって
短期的に認知と売り上げを作るのもいい。

自分の考案した企画を当てていき、
コンテンツホルダーの持つリソースを
有効活用してブランディングを
広めていく。

このときには、ホルダーからみたときに
あなたの存在がなくてはならないものになる。

と同時に何件もお仕事を
受けられなくなる。

成果報酬でも収入を得て
1案件で数百万円、場合によっては
1000万円越えの報酬もありうる。

期待収入:年収500万円〜2000万円

================
レベル4:リスク(リソース)を持つ
プロデューサーとなる
================

自社のビジネスの仕組みに
コンテンツホルダーに乗ってもらう。

決済、銀行口座、広告費、メール配信
ディレクター等の人材、外注など

全てを自社で用意する。

リスクは高くなるが、
その分りリターンも高くなる。

不動産なら家具付きのタワマン
みたいなものだ

スーツケース1つで引越し可能。

準備するものはなくても
プロモートしてあげられる。

コンテンツホルダーにリソースがなくても
全て自社で賄える。

この仕組みがあることで、
成果報酬の割合をぐっと高めることができる。

リスクもプロデューサーが持つことで
コンテンツホルダーは安全にビジネスができる。

期待収益:年収2000万円〜5000万円

================
レベル5:プロデューサーを育てる
プロデューサーとなる
================

レベル4で会社の仕組みを整えたら
人材の拡大ベースに乗る。

あなたのやり方を真似するプロデューサーを
養成して一緒にビジネスをする。

あなたは、数字を見てフィードバックに徹し
いいチームを用意することに集中する。

また、他の案件でよかった事例を
横展開することでチーム全体の
パフォーマンス最大化に努めていく。

期待収益:年収3000万円〜1億

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

いかがでしょうか?

僕が辿ってきた道です。

意外とシンプルなんじゃないかな?

プロデューサーって人のビジネスの
応援家です。

その分大変なことも
あるけどゆくゆく仕組みにしていくと
めっちゃレバレッジが効くんですよね。

あと、

僕は経営者の雑用をやっていたときから
少しずつレイヤを上げることを意識して
特定の分野については頼られるように
努力してきました。

そしてチャンスがあればお仕事として
チャレンジさせていただき、
信頼を勝ち取ってきました。

いつまでも制作代行として

・デザイン
・ライティング
・動画

など、特定業務のエキスパートとして
存在するのではなく、経営者のCMOに
なったつもりで次のビジネスを
提案できるようになったら面白いですよ。

僕は裏方かつ雑用から積み上げていったので
このプロデューサーという働き方の
苦悩と魅力を両方知っています。

そして、マーケティングの力で
誰かを広めること大きくできることの
魅力は素晴らしいし伝えたい。

プロデューサー仲間は
これからもどんどん増やしていきたい。

プロデューサー、おもしろいですよ!

チャレンジしてみませんか?

PS

ちょっとでも興味をもったら
こちらがおすすめ。

200名以上がエントリーしている勉強会。
あなたも参加しませんか?

明日開催です。
ゼロ・プロデューサー起業 勉強会
https://the-lead4.com/ml-zeropro

\ SNSでシェアしよう! /

田中祐一公式ブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

田中祐一公式ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

田中 祐一

田中 祐一

1986年1月23日生まれ新潟県出身。
芝浦工業大学材料工学科卒業後、株式会社NTTデータに入社。意識高い系の彼女に安定企業で給料をもらう生活を馬鹿にされフラれた事がきっかけで起業の道を志す。
クライアントのプロダクトローンチを実践することで、年商300万円のクライアントが、30日で4000万円を売り上げている。
現在はエンジニアの経験を活かした、緻密なマーケティング・プロセスを設計し、爆発的に売り上げをあげるプロダクトローンチを武器にビジネスを展開。累計5億円以上の販売実績がある。ネット集客の専門家として全国の商工会議所で販売促進セミナーも開催している。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 売れてもチームが解散するプロデューサー

  • 会社を起こして10年の歩み

  • パソコン買うところから始めて100万超えした話

  • やめたほうがいいと頭でわかっとるが・・・

関連記事

  • FAXローンチ

  • これ、理解していないと売れないよ。

  • 習慣を身につけるための2つの思考法

  • さらっとFB投稿で120万円!

  • 投資を学んでいないって恥ずかしくないですか?

  • 講師がヘボいほど、成果がでる理由