1. TOP
  2. 2023年、DX時代におすすめの副業

2023年、DX時代におすすめの副業

 2023/01/09 マーケティング
この記事は約 3 分で読めます。 68 Views

ども、田中祐一です。

これから数日間、
DX時代におすすめな副業について
お伝えしたい。

世はまさに大コンテンツ時代。

誰もが好きなことを発信して
好きなことで食っていく時代。

しかし、昔の僕のように

自分よりも他人のことのほうが
素直に応援できる人は
まだまだ多いのが現状じゃないでしょうか?

そんな人を応援する稼ぎ方を
書いたのが

僕たちは地味な起業で食っていく。

です。

最近、台湾版も出版されました!
イェーイ。

以下、Facebookのリンクです。
https://www.facebook.com/yuichi.tanaka1/posts/pfbid02BQgbmrWfqMKTperRaUBdAFCsVvydTNHEL1gbKaT8Drr8tnrU2MGzy4ywdrxSHnK8l

=============
金のつるはしを探せ
=============

いわゆるクライアントワークという
副業の本質は、

お金持ちの時間を作ってあげること。
さらにお金持ちのお金を増やしてあげること。

です。

・デザイン
・動画編集
・広告マーケター
・WEBライター
・Lステップ構築
・電子書籍構築
・セールス代行

これら、有名なクライアントワークは
手堅く稼げる一方、
ライバルも多く、独自の強みを
見つけていかなければなりません。

しかし、大コンテンツ時代に
まだ誰もその魅力に気づいていない、

圧倒的に需要があり、
かつ供給が少ない働き方が存在します。

それを今回、僕は
あなたに魅了をおつたえしたい。

ゴールドラッシュでは、
金を掘ることも重要だけど
つるはしや作業着を提供することで
お金持ちになっている人がいます。

今、時代はコンテンツラッシュ。

僕自身も困っていて、
チャンスがあれば依頼したいと思っている。

僕だけじゃない、
他の起業家もチャンスがあれば
仕事を依頼したいと思っています。

でもやっている人が少ない。
見つけられない。

知らないから圧倒的な穴場なのです。

だから、自分で募集しようと思います。

その働き方は、月に1件の受注で
手堅く10万円稼げます。

デザイナーや動画編集のように
難解なソフトを使う必要がありません。

正直、会社でパワポ職人と呼ばれている人がいたら
天職になる仕事です。

求められるITスキルは高くありませんが、
事務力の高さが求められるかな。

僕も長いことプロモーション業界にいますが、
まだこの働き方が提案されているのを
みたことがありません。

明日、発表できるのを
楽しみにしている。

==========
まとめ
==========

会社での資料作成経験が活かせる
副業があったら興味ありませんか?

3時間のハナシをまとめて
レジュメにするだけで
毎月10万を手堅く稼ぐ!

そんな方法を明日から公開します。

お楽しみに!

PS

あなたの会社のスタッフにも
覚えさせると、めちゃくちゃ
役に立ちます。

僕も秘書にこのスキルは
マスターしてほしいな!

\ SNSでシェアしよう! /

田中祐一公式ブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

田中祐一公式ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

田中 祐一

田中 祐一

1986年1月23日生まれ新潟県出身。
芝浦工業大学材料工学科卒業後、株式会社NTTデータに入社。意識高い系の彼女に安定企業で給料をもらう生活を馬鹿にされフラれた事がきっかけで起業の道を志す。
クライアントのプロダクトローンチを実践することで、年商300万円のクライアントが、30日で4000万円を売り上げている。
現在はエンジニアの経験を活かした、緻密なマーケティング・プロセスを設計し、爆発的に売り上げをあげるプロダクトローンチを武器にビジネスを展開。累計5億円以上の販売実績がある。ネット集客の専門家として全国の商工会議所で販売促進セミナーも開催している。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 必ず大化けする6つの習慣・経験

  • 商品を売ってはいけない人

  • 売れない人が知らないこと

  • 一撃で損する文章の特徴

関連記事

  • 新人の時の失敗

  • ステップ1:プロダクトローンチ全体像の公開!

  • 結果を出せない悪魔の思考(出版編)

  • どうも、予備兵です。

  • 捨てる、捨てる、捨てる

  • 実力以上の受講生を呼び込む方法