1. TOP
  2. コピーライターほどプロデュースを覚えた方がいい理由

コピーライターほどプロデュースを覚えた方がいい理由

 2022/01/13 マーケティング
この記事は約 5 分で読めます。 28 Views

田中祐一です。

2022年、飛躍するための
シリーズものを送っています。

===============

楽しく3000万円稼ぐ人が知っていること
https://lead-sh3.com/BackNumber/view/Tg5x7NOc/nubBqr4q/rwTpq1ub

本当に稼げる情報は出回らない
https://lead-sh3.com/BackNumber/view/Tg5x7NOc/nubBqr4q/zNksgiRv

===============

さて、今日は3回目。

==============
コピーライターほど
プロデュースを覚えた方がいい理由
==============

についてお伝えします。

結論、圧倒的に爆発的な
収益を手に入れるためには

成功報酬モデル
〜〜〜〜〜〜〜

これをビジネスに取り入れるのが
手っ取り早いです。

しかも、自分が上流になる
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

成功報酬モデルです。
〜〜〜〜〜〜〜

なぜか?

正直、労働集約型のビジネスだと
労力をかけて売上をあげる構造から
抜け出すことができません。

例えばコピーライターが
稼ぐ時に、制作報酬やったら

・LP1本15万円
・ローンチ一式で50万円〜100万円

となります。

鬼リサーチをしまくって
結果を出させる重要な仕事なのに

1件いくら

という考え方だと
収入の上限がすぐにきてしまいます。

でも、成果報酬なら桁が変わります。

コピーライターのままやったら
プロモーションの利益の7%〜10%。

プロモーションでの利益が2000万円でも
200万円が手取りになります。

しかし、これをプロデューサーとして
元請けで受注する立場になれば?

利益の50%とれたとしたら
1000万円が手残りです。

もしあなたが、もろもろ発注する側に
なったとしても、500万円以上は
手残りになります。

つまり、コピーライターが
爆発的に稼ぐためには

==============
ライティングを請け負う人ではなく
ライティングを依頼する人になる必要がある
==============

のです。

仮に、自分が書いたとしても。

です。

それを、僕はプロデューサーという
働き方と定義しています。

PPでは、プロモーションを
ガンガン回るプロデューサー目線の
事例が豊富にあります。

プロモーション秘密結社の数値を聞き、
どんなプロモーションをしたのか
裏側を聞くことで視座は高まり
レベルアップします。

必然的に、自分のチームを作り
自分で影響力を広げていくことができる。

さらには、あの有名なプロモーションの
仕掛け人になることができます。

コピーライターの方は
自分を次のステージに引き上げるために
プロデューサー思考の人たちと
一緒に市場を見ていかないとダメなんです。

元・コピーライターの荒井宏信さんは
せっかく納品しても、うまく自分のコピーが
使われずに売り上げにつながらないことに
悩んでいました。

また、単価も上がらない。

そんな中で、PPに参加していただき
仲間とプロモーション事例を共有しながら
最新のプロモーションの組み方を学んでいきました。

最近の案件では、ある
カウンセラー案件を3ヶ月で1億円越え
のプロモーションも行いました。

年間では3億円以上売れていると思います。

彼はPPに参加して手に入れたのは
コピーライターより高い視点の
プロデューサーという考え方。

そして、チーム運営。
売れる仕組みの作り方。

僕も、荒井さんには仕事を依頼
しております。

================
自分のスキルのまま積み上げるのではなく
自分より高いレベルの環境に身を投じたこと。
================

これが大事ですねよね。

年商1000万円くらいから
億レベルを叩き出したいのなら
PPでシェアされている
プロモーションの裏事情を
手に入れるのが近道です。

1ヶ月で数千万円を生み出す
プロモーションの極意に
興味がある人は、数日後から
募集する「PP2022」に仮エントリー
してくださいませ。

僕が参加するといいなと思っているのは

・突き抜けたいマーケター、
ライター、プロデューサー

・圧倒的に影響力を持ちたい
コンテンツホルダー

です。

毎年審査制です。

入れたいから入れるのような
秘密結社ではございません。

でも、挑戦したい人の
背中は押したいなと思っています。

ではでは。

PS

1月16日(日)〜1月18日(火)

3日間限定っで「PP2022」の
エントリー動画を公開します。

1年に1度だけの募集です。

見落とさないようにお気をつけください。

\ SNSでシェアしよう! /

田中祐一公式ブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

田中祐一公式ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

田中 祐一

田中 祐一

1986年1月23日生まれ新潟県出身。
芝浦工業大学材料工学科卒業後、株式会社NTTデータに入社。意識高い系の彼女に安定企業で給料をもらう生活を馬鹿にされフラれた事がきっかけで起業の道を志す。
クライアントのプロダクトローンチを実践することで、年商300万円のクライアントが、30日で4000万円を売り上げている。
現在はエンジニアの経験を活かした、緻密なマーケティング・プロセスを設計し、爆発的に売り上げをあげるプロダクトローンチを武器にビジネスを展開。累計5億円以上の販売実績がある。ネット集客の専門家として全国の商工会議所で販売促進セミナーも開催している。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ボトルネックは、、、俺 笑

  • 長く続くプロジェクト、 短命で終わるプロジェクトの違いとは?

  • PP京都合宿のシェア。どんな内容が共有されているのか?

  • 【20日まで】PP2022、続々とエントリーされています

関連記事

  • 大臣の副業

  • 動画の長さはどれくらい?

  • 業界に影響を残すプロデューススキルを身につけませんか?

  • 世界のHONDAが認めた!?

  • 世界が抱くPDCA6つの誤解|改善さえすればいいと思っていませんか?

  • 163人が初日から登録してくれました。