1. TOP
  2. ビジネス脳を一流にするスキル。 ググるよりディグれ!

ビジネス脳を一流にするスキル。 ググるよりディグれ!

 2021/10/03 マーケティング
この記事は約 6 分で読めます。 42 Views
田中祐一です。

============
ビジネス脳を一流にするスキル。
ググるよりディグれ!
============

というテーマで話をします。

ヤマケンさんのすごサロ
というシークレット合宿に
参加させていただいたときのこと。


箱根で合宿、家からレンタカーで
めちゃ近かったんですよね。


その中である起業家のシェアが
大変勉強になった。


すごサロは面白いコミュニティで
ヤマケンさんが面白いと思った人が
参加するコミュニティでした。

だからビジネスを始めたばかりの
初心者もいれば、


3回も事業売却を経験して
資産は10億はあるだろうな、
みたいな猛者まで幅広い
メンバーでの合宿だった。


僕よりも圧倒的に経営レベルの高い
メンバーも多くてありがたい。

4年で100店舗美容院を
作ったような方や、
年商50億円の不動産会社社長さんなど。

さらには現役の大学生なのに
数億円の事業を持っていたり。

その方は高校2年から
転売で稼いでいた。

信じられないような人との
出会いがあるから
ビジネスはおもしろい。


で!

今日シェアするのは
スーパーマーケッターから学んだ
マインドについて。


ステップメールの講義だったけど
それこそ起業家の生き方はこうだよな。

と思える話があったので
シェアをしたいです。

その方は、慶應大学の学生のときに
情報発信で月に300万円くらい
稼げるようになった人なのです。

でも最初から有能だったわけではありません。
引きこもりな性格からアルバイトに
落ちまくったりして自信喪失していました。

だからこそ、ビジネスにはまっていきます。

でも学生をしながら、
自分で事業もしていると時間がなかった。

そして情報発信で稼ぎたかったけど
いい文章の書き方がわからなかった。

さて、こんな時に
あなただったらどうしますか?


ほとんどの平凡で終わってしまう方は
わからないから止まる、ということをします。

でも、ビジネスをしていくなら
毎日がわからないことで埋め尽くされます。

その方は、とにかくうまい
メルマガを印刷して持ち歩いて
読み込んだ。

ただ読むだけでも定着しないから
そこから得た学びをYouTube
にアップしていきました。

その数、実に500本。

常に売れていそうなメルマガを
持ち歩き、トイレに行く時などの
スキマ時間を使って読み込み
そしてアウトプット。

インプット
アウトプット
インプット
アウトプット

この連続で売れる文章を
自分に染み込ませたんです。

わからないことはググる。
でも、それは最低限。

さらにいえば、自分の中で
腑に落とすまでディグる、
というのが大事だと。

ディぐるとは、digし続けること。
つまり、「掘り続ける」こと。

ほとんどの人はちょっと
ググっただけで全然ディグって
いません。

この方は、学生時代から
世の中に対してアウトプットして
自分自身をディぐり続けていたのです。


=============
僕がビジネスの基礎体力を
身につけた話
=============

この話を聞いて、僕が
セールスライティングを覚えたときの
ことを思い出しました。

僕はもともと国語が得意じゃないし
日本語は壊滅的に間違います。

自分でいつも思うけど
まーーーーったく文章として
面白みがないよなぁ、と凹んでいます。


それでも継続によるスキルアップは
信じています。


僕は起業一年目のときに
自分の部屋の壁一面に
1億以上売れたと言われている
セールスレターを印刷して貼って
毎日30分は音読することをしていました。


まさに部屋中が
紙だらけになりました。


最初は言葉に詰まったり、
読むだけでも大変でした。

それでも続けて、
自分の中に腑に落としつつ
売れないブログに学びを書き続きました。

億越えのレターは当時5種類くらいありましたが
少しずつ少しずつ読み込み、感覚として
言葉遣いを似せることができるくらいに
真似ていきました。


僕は当時売れていませんでした。
でも、信じてやり続けました。

今思っても、そのときに
音読を繰り返しやり続けたことが
間違いなく自分のライティングを
支えてくれています。


音読だけじゃなくて
アウトプットもし続けました。

売れないブログを
200記事書きました。


その下積みがあったから
人生で初めてのプロダクトローンチで
4000万円を売り上げることに
成功できたのでしょう。

情報を整理し、書くための
準備ができていたのです。


ほとんどの人は、
いきなり大技を学び繰り出そうとしていますが
大技が出せる人は、下積みが長いほど
有利なんですよね。

だから、結果につながるかは
わからないけど、自分を信じて
積み上げ続けたんです。


・わからない
・できない
・自信がない


だから作業を止めている人を
みつけると、歯がゆい気持ちになります。

今は、できないかもしれないけど、
売れている資料をリサーチして、
自分なりに真似てビジネスをしていけば
必ず花開くってこと。


だから、正直言って
ビジネスの市場は正しい取り組みをすれば
あとは時間が成果を生み出してくれます。

僕はビジネスをはじめて10年弱、
ディグってきました。
だからこそ、今の結果があります。


売れている人を何度も何度も
魂レベルでオマージュすれば
一流の思考は絶対に手にはいる。


そこまで自分を昇華すれば
売れないはずがありません。

ビジネス脳を一流にするスキルは
存在します。


売れている人を真似る。
真似るというレベルを超えて
その人になりきるほど掘り下げる。

ググるだけではなくディぐる。

この積み重ねが成果をもたらします。


本当に世の中の人は
本気で取り組んでいるのかな?

と思ったらしていません。


だからビジネスを伸ばすことは
最初は大変でも突き抜けたら難しくありません。


シンプルにやりきる。


これを実践していきましょう!


はむはむ


=========
お客様の声紹介
=========

【成功事例:田所 康 様】

不動産投資スクールを販売したかったが
何をどうしたらいいかわからなかった。

プロデューサー4案件チャレンジして、
自分のスクール販売も200万円の売上になり、
ローンチ講座に入った時は会社員でしたが念願の独立ができました。

詳細はこちら
→ https://tanakayuichi.com/success/tadokoro/

\ SNSでシェアしよう! /

田中祐一公式ブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

田中祐一公式ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

田中 祐一

田中 祐一

1986年1月23日生まれ新潟県出身。
芝浦工業大学材料工学科卒業後、株式会社NTTデータに入社。意識高い系の彼女に安定企業で給料をもらう生活を馬鹿にされフラれた事がきっかけで起業の道を志す。
クライアントのプロダクトローンチを実践することで、年商300万円のクライアントが、30日で4000万円を売り上げている。
現在はエンジニアの経験を活かした、緻密なマーケティング・プロセスを設計し、爆発的に売り上げをあげるプロダクトローンチを武器にビジネスを展開。累計5億円以上の販売実績がある。ネット集客の専門家として全国の商工会議所で販売促進セミナーも開催している。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 仮想敵マーケティングの真実

  • 凄腕マーケッターになる方法

  • 毎日1ミリだけ幸せになる

  • お金のセミナー募集開始

関連記事

  • 地図の読めない女性って・・・

  • 嫌な客は切れ!の真実

  • 大量行動はするな!

  • 売れていない人は「コレ」続けていない

  • 業界を変革する起業家のマインドセット

  • コピーライティングの必読書