1. TOP
  2. 「こ、こんなはずでは・・・」

「こ、こんなはずでは・・・」

 2013/08/18 自己改革
この記事は約 3 分で読めます。 46 Views

From:スマートフォン集客コンサルタント 田中祐一
池袋のスタバにて

「こ、こんなはずでは・・・」

今から1年ほど前の話です。
武蔵小杉のイトーヨーカドーの屋上にある、
テニススクールの体験レッスンに参加しました。

僕は中学時代にソフトテニスを3年間、
高校大学で硬式テニスを7年間と合計10年間経験しています。
medium_218445868
高校時代は部活内で1番手のペアでした。
大学時代は週に5回も練習に参加すほど練習熱心だったんです。。。

社会人になってからは、しばらくテニスをしていなかったのですが・・・

それが、26歳になって急に「またテニスがしたい!」
という欲求に駆られたんです。
まぁ、運動不足ということもありました。

そんな思いもありテニススクールの体験レッスンに申し込んだのです。

しかしながら、大学卒業以来の久しぶりのテニスです。
「上級クラスは流石になぁ。」
少しばかり遠慮して中級クラスに参加。

街のお姉様方に囲まれながら、熱心に打ち込みを開始。
昔の感覚を頼りに、カンを取り戻すがごとく精一杯スィングしました。
体を動かすこと自体が久しぶりなので超楽しい!

昔より足がもつれる感じはありましたが、
まぁまぁ打てていたのではないのでしょうか。

さて、無事にレッスンを終えて、
テニススクールについて申し込みを迷っているところ・・・

コーチから肩を叩かれて声をかけれられました。

「久しぶりの割に結構打てていたじゃないですか?」

なんて声をかけられるのかなと思っていたら・・・

 

 

 

 

「田中さん、初心者コースから参加しませんか?」

えっっ・・・?

あっ、あー。

・・・そういうことね(泣)

そうです。僕のテニススキルはすっかり錆びれていて、
初心者並みになっていたのです。

今まで、僕にテニスの試合で負けた方、
本当にごめんなさい。
僕は初心者でしたm(__)m

スキルは劣化させると非常にもったいないなぁ。
まぁ、テニスはあきらめました。。。(笑)

せっかく学んだスキルも磨き続けなければ錆びれてしまいます。
これって、ビジネスの世界でも一緒ですよね?

バークシャーハサウェイ会長のウォーレン・バフェットは
こう言います。
「最大の効果をあげるためには、自分の得意分野に時間やお金を投資し続けよ」

自分のセルフイメージがその分野のプロだと思っているのならば
コアスキルに関して常に磨き続けることは当然です。

僕はインターネットを活用して店舗の売上を伸ばすプロとして
以下のスキル常に磨き続け、錆びないように研鑽しています。

・マーケティング
・コピーライティング
・Webサイトデザイン
・ネット広告スキル

あなたは自分の武器を集中して磨き続けることができていますか?

集中して自分の武器を磨き続けることが
大きな結果につながると信じて行動していきましょう!!

PS
テニスラケットは倉庫行きになりました。

セミナー集客の秘訣を知りたい方はこちらから

\ SNSでシェアしよう! /

株式会社ザ・リードの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

株式会社ザ・リードの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

田中 祐一

田中 祐一

1986年1月23日生まれ新潟県出身。
芝浦工業大学材料工学科卒業後、株式会社NTTデータに入社。意識高い系の彼女に安定企業で給料をもらう生活を馬鹿にされフラれた事がきっかけで起業の道を志す。
クライアントのプロダクトローンチを実践することで、年商300万円のクライアントが、30日で4000万円を売り上げている。
現在はエンジニアの経験を活かした、緻密なマーケティング・プロセスを設計し、爆発的に売り上げをあげるプロダクトローンチを武器にビジネスを展開。累計5億円以上の販売実績がある。ネット集客の専門家として全国の商工会議所で販売促進セミナーも開催している。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 河口さんへ、これマスターしておいてください。

  • ステージに応じた商品投入法

  • 差別化を意識しすぎじゃね?

  • プロダクトローンチは一発逆転の手法か?

関連記事

  • お盆は・・・イメトレの時間

  • 超人気コンサルタント養成講座での衝撃の出会い

  • スマートフォン集客セミナーを開催しました!

  • 最強の速読方法

  • 作業エネルギーを集中させ、ビジネス拡大させる思考法

  • 開発したシステムはすべて自分の子供?