1. TOP
  2. 「この本を読め、バカ!」と言ってやりたい。

「この本を読め、バカ!」と言ってやりたい。

 2019/08/10 マーケティング
この記事は約 3 分で読めます。 158 Views

田中祐一です。

会社員のままでも
起業家としても
活躍できる新・人生戦略。

「地味な起業」

この本って

================
好きなことをビジネスにするのではなく
好きな人を応援しよう
================

ってのがテーマです。

別のタイトルをつけるなら
「無茶振りされる力」
でしょうか?

・好きなことが見つからない
・自分だけの強みが見つからない
・ライバルに勝つ特技がない

などなど、そういった普通の人が
普通のままで稼げる方法を公開しています。

本当に自分軸を作って
選択できる未来を作りたいのなら
いかに無茶振りされて、それを
乗り越えていくかが重要。

なのに、みんな自分のペースで
成果をあげようとしているから
うまくいかない。

そもそも、結果が出ていない人が
「自分のペースで頑張ってみます」
といって何が変わるのだろうか?

高速で走る犬に引きずられながらでも
その速度に慣れていくことが
本当の実力が高まるもの。

だから、無茶振りされるような
環境に飛び込むことが一番の
幸せだと思う。

もちろん、マインドセットだけではない。
本の中には具体的な方法もつめこんだ。

僕がどうやって起業1年目のときに
交流会やコミュニティにいって
仕事をとっていたのか?

僕がどうやって
経験ゼロ、実績ゼロだったのに
信頼を獲得していったのか?

そんなノウハウをぜーんぶ
本に入れました。

・質問の仕方から
・出会い方まで

そう、全部です。

地味で平凡な人のための
指南書かもしれません。

結局、ビジネスで多くの人が
勘違いしていることが

いかにお金を儲けるか?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

この質問で頭がいっぱいになること。

それはビジネスではない。
なぜなら、ビジネスは自分1人で
完結するものではないからです。

ビジネスはお金を払ってくれる
お客様があってできるわけです。

だから、自分の頭の中にある
質問を変更しないと、稼げる
はずがありません?

どうやって、顧客に成果をもたらすのか?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

この思考がバシッとハマった時
あなたはビジネスで成果をあげる
準備ができたということにある。

それが、

自分を売ろう
自分を売ろう

という考えに染まった
昔の僕のような人間は
成果をあげることができない。

ああ、なんと嘆かわしいことや。

昔の自分に言ってやりたい!

「この本を読め、バカ!」
と・・・

まぁ、その乗り越えた経験も
大事なんですけどね^^

「地味な起業」

多くの人の働き方に
影響を与える本です。

ベストセラーにするつもりなので
それに恥じない内容にします。

ご期待くださいませ。

\ SNSでシェアしよう! /

田中祐一公式ブログの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

田中祐一公式ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

田中 祐一

田中 祐一

1986年1月23日生まれ新潟県出身。
芝浦工業大学材料工学科卒業後、株式会社NTTデータに入社。意識高い系の彼女に安定企業で給料をもらう生活を馬鹿にされフラれた事がきっかけで起業の道を志す。
クライアントのプロダクトローンチを実践することで、年商300万円のクライアントが、30日で4000万円を売り上げている。
現在はエンジニアの経験を活かした、緻密なマーケティング・プロセスを設計し、爆発的に売り上げをあげるプロダクトローンチを武器にビジネスを展開。累計5億円以上の販売実績がある。ネット集客の専門家として全国の商工会議所で販売促進セミナーも開催している。

この人が書いた記事  記事一覧

  • NO IMAGE

    起業で失敗する人の共通点とは?

  • NO IMAGE

    これも差別化になるよ。

  • NO IMAGE

    【130名突破】10月27日(日)の午後、ご都合いかがでしょうか?

  • NO IMAGE

    ヘタレのまま成功する方法

関連記事

  • 好きなことだけやろうぜ!

  • NO IMAGE

    【初公開!】本の目次をお披露目します!

  • 没落する起業家の特徴はこれだ!

  • マーケティングにおける最大の罪

  • 年商50億円の経営者が教えてくれたこと

  • ステップ6:売り込まずに契約する販売手法!