1. TOP
  2. 年商50億円の経営者が教えてくれたこと

年商50億円の経営者が教えてくれたこと

 2018/09/08 マーケティング
この記事は約 3 分で読めます。 25 Views

プロダクトローンチの専門家
田中祐一です。

僕がずーっと意識している
ビジネスの教えがあります。

あなたも絶対に
今から意識して
行動を変えていくのがいいと思います。

僕が初めて買った教材で
年商50億円の経営者が
口を酸っぱく語っていました。

ダイレクト出版の
マスターマインドに参加していますが、
これもやはり同様に語られていました。

つまり、伸び続ける
起業家にとって、この教えを
忠実に実行することは、、、

ビジネスを続けて
実行していくために
超必要な教え、、、

というわけです。

・・・・
・・・・
・・・・

それは何か?

答えは、

=============
亀とウサギのビジネスを持て!
=============

ということです。

ん?

どういうこと?

そう、よくいう

・フロー型のビジネス
・ストック型のビジネス

この両方を持て、
ということです。

僕の得意としている
「プロダクトローンチ」
はフロー型ビジネス。

大きな利益を作り出すことが
できる最強のマーケティングです。

しかし、ほとんど人は
それで終わっていて
ストック型のビジネスの
構築に力を入れていない。

ストック型とは積み上がる
ビジネスです。

一度仕組みを作れば、
着々と収入が入る仕組み。

「へー、仕組みかぁ。
やっぱりMLMですか?」

なんて思わないでくださいね。

MLMは個人的にやったこと
ありませんが、、、、

いろんな受講生から話を聞く限り、
続けるのはかなり難しい。

相当なセールス力が
求められます。

僕みたいなオタッキーには
とてもとてもできない。

でも。

これから公開していく
手法は、、、、

僕でもできる。
いや、チャレンジしていきたい。

なぜなら・・・

・お客様に感謝され続けて
・しかも収入が右肩上がりに増えていく方法

だからです。

経営者にとって、第二、第三の
収入の柱として期待できる、
真っ当なビジネスです。

「おいおい、田中。
お前がやっていないビジネスのことを
何語ってるんや・・・」

と言われるかもしれません。
ええ、僕はしていません。

ですが、僕がとてもお世話になっている
一流のコンサルタントが、、、

Facebookを活用して
ストック型ビジネスを構築しています。

毎月100万円以上、
何もしなくても収入が入るので

・自分の本当にやりたいこと
・お客様との共同ビジネス
・参加したいセミナー

など自由に人生を選択
することができています。

今後のメルマガでは
そのビジネスの内容を
徐々に公開していこうと思います。

ポイントはシンプル

・利用するのはFacebook
・お客様に感謝され続けて
・しかも収入が右肩上がりに増えていく方法
・初心者でも参入可能
・経営者ならすごい速度でストック構築可能

ということ。

ふふふ。
これはすごいです。

今後のメルマガを楽しみに
してくださいね。

\ SNSでシェアしよう! /

田中祐一公式ブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

田中祐一公式ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

田中 祐一

田中 祐一

1986年1月23日生まれ新潟県出身。
芝浦工業大学材料工学科卒業後、株式会社NTTデータに入社。意識高い系の彼女に安定企業で給料をもらう生活を馬鹿にされフラれた事がきっかけで起業の道を志す。
クライアントのプロダクトローンチを実践することで、年商300万円のクライアントが、30日で4000万円を売り上げている。
現在はエンジニアの経験を活かした、緻密なマーケティング・プロセスを設計し、爆発的に売り上げをあげるプロダクトローンチを武器にビジネスを展開。累計5億円以上の販売実績がある。ネット集客の専門家として全国の商工会議所で販売促進セミナーも開催している。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 成功する起業家が持つ思考とは?

  • おまたせしました!継続収入3.0が公開!

  • 新時代の継続収入モデルはコレだ!

  • 世界一まっとうな「ほったらかしの継続収入」とは?

関連記事

  • 年商3000万円限界説の突破法!

  • 集客ボックスと収益ボックス

  • ああ、恥ずかしいよぉ!

  • 125万部ベストセラー著者の頭の中

  • 4万4568件

  • 詐欺っぽいローンチ業者を見分ける3つの観点