1. TOP
  2. プロダクトローンチの本質とは?

プロダクトローンチの本質とは?

 2018/07/19 マーケティング
この記事は約 6 分で読めます。 49 Views

今日はですね、

「プロダクトローンチとは何か」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
という抽象度の高いテーマを
お伝えしていきます。

動画でも詳しく解説しました。
=================

『プロダクトローンチの本質とは?
手法ではなく・・・』
6分16秒

=================

僕はWEBマーケティングで最強の手法
プロダクトローンチの専門家として
活動しています。

今までの受講生が200人以上いて、
その売上合計が18億円以上になって
います。

それでそもそも

「プロダクトローンチというものが
何なのか?」

と、よく聞かれるんです。

一般的な答えとしては

・動画を使ったマーケティングとか

・見込み客を集めて、価値提供して、販売する
集客の流れのテンプレートとか

色々言われたりします。

まあ確かに表面的な正解はそうです。

ランディングページで
メールアドレスをゲットして

動画を使って価値提供コンテンツを
1話・2話・3話・4話って配信する。

最後にセールスビデオで
商品を販売する。

この手順でやっているんですからね。

でも本質的な正解はそれじゃない。

僕はプロダクトローンチの本質は
「考え方」だと捉えているんですね。

「プロダクトローンチの考え方って
どういうこと?」

と思うかもしれないですけど、、、

全ての物事は
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
プロダクトローンチで考えられる
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

と僕は思っているんですよ。

例えばビジネスの商談する時に

まずは相手と名刺交換して
情報交換する。
→見込み客を集める

じゃあ次アポイント取りませんか?
といって
1回・2回・3回・4回って面談する。
→数回にわたって価値提供する

そうやって信頼関係を構築してから
商品をご案内する。
→販売をする

なにか物事をやるときに
プロダクトローンチの考え方を
抽出するんですよね。

興味ある人に価値提供をして販売する
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

この考え方を取り入れると、、、

別にFacebookだけでも
プロダクトローンチはできるし

道端でもプロダクトローンチはできる。

恋愛で活用したっていいわけです。

・メルアドゲットして
・情報提供をお互いにして
・相手に価値を提供して
・最後は告白する

みたいなプロセスも取れます。

Facebookを使う場合は投稿で

「こういったことに
興味ありませんか?」

って質問して、「興味があります」
と手を挙げた人だけに

「ちょっと個別面談しませんか?」
「こういうセミナーにきませんか?」

というような案内を出したって
いいわけですね。

そういうふうにどんどん
ファネルで絞り込まれる。

価値提供動画も基本的に
興味のある人しか見続けないので
濃い見込み客が絞り込まれるんです。

最初は視聴人数が多かったけど
だんだん減ってきて、、、

最後まで見てくれた人は
商品に限りなく興味を持っている人
つまり買う気満々のお客様
という考え方。

常に
興味を持たせて、会話をしながら
次のステップに連れて行く。

プロダクトローンチとは
考え方とか在り方そのものなのです。

だからプロダクトローンチを
ちゃんと分かっていれば

価値提供が少ない段階で売るような
愚かなことはしないわけなんですよ。

僕が以前、
プロダクトローンチに関連する
セミナーに行った時に、ある講師が

最初の1時間くらいしか
話をしていないのに、
いきなり商品を売り始めたんですよ。

その講師が最初から「説明会ですよ」
とアナウンスしてくれれば
全然問題ないと思うんですけど、、、

結構高額なセミナーだったのに
始まってから1時間くらいでいきなり
売り込んできたので驚きました。

それではまだまだ価値提供の量が
全然足りていないのですよ。

僕から見てその講師が

・自分にどんな役立つようなことが
できる人なのか?

・その講師は信頼できる人なのか?

・その講師がどれだけ自分に
価値提供をしてくれたのか?

そういう前提が無い中で
売ってしまうと、、、

信頼関係が崩壊します。

僕が何故プロダクトローンチを
マスターしたかというと、ズバリ!
セールスが苦手だからです。

ひきこもりで、セールス力が無くて、

「商品買いませんか?」なんて
とても言えない。

だから相手から「欲しい!」と
言わせたかったんです。

見込み客を集めて
動画で会話をしながら
少しずつ興味を持たせて

見込み客の「もっと教えて欲しい」
欲求が高まったときに

「こういう商品がありますよ」
「じゃあ買います!」

となるのを狙うために
プロダクトローンチをやってます。

だから別に媒体は
・アメブロ
・YouTube
・Facebook
・Instagram
・LINE@
何だっていいんです。

プロダクトローンチっていうのは

「考え方そのもの」

見込み客を集めて
価値提供をして
興味のある人を絞り込んでいき
欲しい気持ちになった人に
販売する。

その考え方なんだというところを
理解していただければ
ありとあらゆることに応用できます。

だから、プロダクトローンチを
単に動画を使ったマーケティングとか
煽りまくって売るマーケティングとか
そういうふうに思ってほしくない。

僕がやっているのは

「価値提供型のプロダクトローンチ」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

ちゃんとお客様に価値のある
情報提供をしていき、

信頼関係ができて
「この人から学んでみたい」
と思ってからご案内するっていう

価値提供型プロダクトローンチを
もっと世の中に広めていきたいと
思っています。

同じプロダクトローンチでも
使う人とか考え方によって
全然違うものになるのです。

だから正しい考え方を
マスターしていきましょう
という話でした。

今日はですね

「プロダクトローンチは一体
何なのか?」

っていうテーマでお伝えいたしました。

是非とも今回お伝えした
「プロダクトローンチの考え方」
を取り入れていただければと思います。

ではでは。

\ SNSでシェアしよう! /

田中祐一公式ブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

田中祐一公式ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

田中 祐一

田中 祐一

1986年1月23日生まれ新潟県出身。
芝浦工業大学材料工学科卒業後、株式会社NTTデータに入社。意識高い系の彼女に安定企業で給料をもらう生活を馬鹿にされフラれた事がきっかけで起業の道を志す。
クライアントのプロダクトローンチを実践することで、年商300万円のクライアントが、30日で4000万円を売り上げている。
現在はエンジニアの経験を活かした、緻密なマーケティング・プロセスを設計し、爆発的に売り上げをあげるプロダクトローンチを武器にビジネスを展開。累計5億円以上の販売実績がある。ネット集客の専門家として全国の商工会議所で販売促進セミナーも開催している。

この人が書いた記事  記事一覧

  • これは学ばなくていい!

  • ハワイでの気づき

  • 稼ぐことは悪なのか?

  • 「我が人生悔いなし」と語れますか?

関連記事

  • 稼ぐ起業家が持つ4つのマインドとは?

  • みずほ人員削減、激動の時代をどう生きる?

  • 【Podcast】STAGE7-2:接近戦で仲間をたくさん作る方法

  • 集客を圧倒的に加速させるたった2つの方法

  • あなたの時給はいくらですか?

  • 結果にコミットすると負け