1. TOP
  2. 本当に成果を出したいのなら、そろそろコレに気付こう!

本当に成果を出したいのなら、そろそろコレに気付こう!

 2019/10/23 マーケティング
この記事は約 3 分で読めます。 170 Views

田中祐一です。

今日は僕の最上級講座

「PP講座」

の日でした。

受講生からの成果報告として

・Aローンチ:4200万円
・Bローンチ:5400万円
・Cローンチ:2900万円
・自動化:月商700万円
・出版社の設立
・チンピラを回避(笑)

などの成果をいただきました。

着実に成果を出し続けていて
素晴らしいですね。

僕も学ばせていただくほど
素晴らしい成果です。

僕は主催者なのでおいしい
ポジションですね。

あなたの周りには
一緒に切磋琢磨し向上しあえる
仲間が多いでしょうか?

よく、田中さんのように
成果を出したい。

素晴らしい仲間に囲まれたい、
と言われることが多くてありがたいです。

結局、本質を理解すれば
比較的短期的に次のステージに
駆け上がることはできます。

知っておかなければいけないのは
事実として、

これくらい稼いで当たり前だよね。

というくらい情報を浴びているか?

というのはとてもとても
大事な考え方になります。

視点の低い人は
ノウハウを知れば稼げる。

そう思っています。

ですが、本当に大事なのは
ノウハウだけではありません。

・ノウハウ
・サポート
・コミュニティ

この3つがあって
想定以上の成果が出せるのです。

ノウハウコレクターというのは
周りに誰を置くのか?ここを意識しないで
ノウハウばかり得ようとするから
成果がでません。

また、ここは僕には合わなかったといって
実践しないで去っていくのです。

悲しいことですよね。

実践して切磋琢磨し合う仲間。
しかも基準値が高い。

こういった人たちに囲まれることが
何よりも大事なんです。

だから自分がどこのコミュニティに
入るかというのは、ビジネスにおいて
最重要課題とも言えるわけです。

そろそろ気づく必要があります。

どうすればPP講座に入れるくらい
成果が出ますか?

と聞かれますが、違いますね。

PP講座に入ったから
成果が出たのです。

周りが圧倒的に成果を出すのが
当たり前の環境を選んだから。

それによって脳の基準値が
それにあって成果を出せるようになったのです。

だから最上級講座というのは
成長には欠かせません。

遠慮するより
ズバッと入った方が
成長しますよ。

物事を損得で判断し続ける限り
劇的な成長はありません。

成長したいのなら
周りが圧倒的に実践している
環境に入ってください。

初心者だからのビジネス講座に
入っても、大きな視点を持つことは
できません。

成果を出すための考え方を
知りましょう。

環境に投資しなければ
想定以上の成果はありえません。

それを知った上で、
自分の周りにいる人たちを選んでいきましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

田中祐一公式ブログの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

田中祐一公式ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

田中 祐一

田中 祐一

1986年1月23日生まれ新潟県出身。
芝浦工業大学材料工学科卒業後、株式会社NTTデータに入社。意識高い系の彼女に安定企業で給料をもらう生活を馬鹿にされフラれた事がきっかけで起業の道を志す。
クライアントのプロダクトローンチを実践することで、年商300万円のクライアントが、30日で4000万円を売り上げている。
現在はエンジニアの経験を活かした、緻密なマーケティング・プロセスを設計し、爆発的に売り上げをあげるプロダクトローンチを武器にビジネスを展開。累計5億円以上の販売実績がある。ネット集客の専門家として全国の商工会議所で販売促進セミナーも開催している。

この人が書いた記事  記事一覧

  • NO IMAGE

    迷走中です。それでも成果を上げねばならん。

  • NO IMAGE

    ゆっくりと成功していいじゃない

  • NO IMAGE

    凄腕マーケッターになる方法

  • NO IMAGE

    タスクの”解像度”を しっかり把握しよう

関連記事

  • これからの時代の集客トレンドは2極化する・・・

  • 「戦術」より「戦略」が重要

  • 集客できるか?不安なときの対処法

  • 売り上げを2倍にするために知っておくべき公式

  • NO IMAGE

    ボトルネックは、、、俺 笑

  • ムカつきます。