1. TOP
  2. 売れるスマホサイトを作成するために私が行っている8種類のリサーチ方法

売れるスマホサイトを作成するために私が行っている8種類のリサーチ方法

 2013/12/14 コピーライティング
この記事は約 7 分で読めます。 51 Views

from:田中祐一@葬祭業専門スマホ集客コンサルタント

池袋の自宅にて

 

売れるスマホサイトを作成するためには、、、

コピーライティングのスキルが必要です。

そして、コピーライティングの成否を決める

作業が「リサーチ」であります。

 

もし、あなたが見込み客をスマホサイトから

集客したいのなら・・・

 

見込み客の常識や、どのような言葉に強く反応するのか、

徹底的にリサーチしてください。

 

リサーチにおいて、海外の有名な広告代理店の

社長がこんなことを言っています。

 

コピーライターは、クライアントより

業界、商品について詳しくなる必要がある。

 

ただ現実問題、時間的な制約があるため中々難しい・・・

 

ただ・・・

気合としてはその覚悟でリサーチしていく

必要があると思います。

 

私は、スマホサイト作成のコピーライティングの

時間配分を考えると

・リサーチ:4割

・ライティング:4割

・点検:2割

というような配分を意識しています。

ただ、リサーチで方向性が全て決まるので

最も重要な作業と言えます。

 

この記事では、私がサイト作成時に活用する8種類の

リサーチ方法について網羅的に説明していこうと

思います。

 

さて、、、

 

まず、把握していただきたいのは

リサーチには「無料」「有料」の方法があるということ。

 

勿論、有料のほうがリサーチの精度が高く、

しかも時間も節約できる方法です。

 

ただ、あなたがそんなに予算をかけれないのなら、

最低限、無料のリサーチ方法はやっておいたほうがいいです。

 

無料のリサーチ方法

1,クライントのパンフレット、ホームページのチェック

書くほどではありませんが、クライアントの商品や

カタログ、パンフレットは全て目を通して下さい。

クライアントの商品を理解することが

売れるスマホサイトを作成するための

第一歩です。

2,クライアントのヒアリング

どのようなお客をターゲットとするのか、

見込み客はどのような言葉に反応するのか、

スペシャリストとしての意見を

深く聞いて下さい。

 

僕の場合は葬祭業の社長がクライアントだった場合に、

ネットからどのようなお客様がほしいのか?

お客様があなたの葬儀サービスを利用するのは

何故なのか?

基本的な事から根堀葉掘り聞きます。

 

3,クライアントのお客へのヒアリング

クライアントのお客に何故自分のクライアントのサービスを

利用したのか確認します。

 

これを聞くと、お客様から見たクライアントの

サービスの強みが発見できることがあります。

クライアントがアンケートを持っているなら、

それを見せてもらうのもアリですね!

 

例えば葬儀サービスの場合、なぜ他の葬儀社じゃなくて、

その葬儀社を利用したのか把握してください。

私が最近葬儀社の案件を扱うことが多いので

この記事では葬儀業界の例を活用します。

 

4,インターネット上で悩みを確認

教えてgoo

教えてgoo

http://oshiete.goo.ne.jp/

yahoo知恵袋

http://chiebukuro.yahoo.co.jp/

 

これらのお悩みサイトはキーワードを打ち込むと

どのような悩みがあるのか検索することができます。

 

例えば「葬儀社 選び方」というキーワードを打ち込むと

世の中の人はどのような基準で葬儀社を選んでいるのか

一つの思考を見ることが出来ます。

 

この時はお悩みだけ見て、回答は無視して下さい。

回答内容はサクラの業者がいるので、

 

あくまで悩みだけを見ることが大事です。

この作業を行うだけで、見込み客の頭のなかの

傾向が見えてきます。

 

5,インターネット上でライバルをチェック

葬儀 パンフレット

その業界のライバルのホームページをチェックして下さい。

私は葬儀社については1キーワード30社は

ホームページを見ます。

それが5キーワードチェックしたり、

案件によっては10キーワード調べたりします。

 

そして、何を強みとしているのか、

弱点はどこかじっくり見ることで自分のクライアントの

攻めるべきポイントのヒントが見えるようになってきます。

 

無料資料請求があるなら資料請求してみるのも有りです。

資料の中身だけでなオペレーターのトークとかも

勉強になりますよ。

 

有料の調査方法

6,一般書籍の調査

一般書籍や、そのサービスを検討している

ユーザーが読みそうな書籍を本屋さんで探してみてください。

 

見込み客が呼んでいそうなら、その本に書いてある内容が

見込み客の常識なわけです。

有名な書籍に書いてあることは何か傾向を

抑えることで、見込み客を引き寄せる

ビックアイデアのヒントが得られるかもしれません。

 

7,業界の専門誌の調査

フューネラルビジネス葬儀についてのアンケート調査

 

業界の常識や動向についていけないと仕事になりません。

多少お金はかかっても、専門誌での時代の流れや、

市場調査の統計情報を知ることで、業界の全体観が

分かるようになります。

 

これはほんの少しのお金を支払うだけでかなり

具体的で有益な情報が得られるので

ぜひぜひコピーライターは積極的に確認することを

オススメします。

 

8,市場調査会社を活用

一般消費者にアンケートをとることができる

会社が存在するので大型案件で予算がとれている時は

積極的に活用しましょう。

これで見込み客の頭のなかの傾向を調べることができます。

 

市場調査を利用するとモニター数が多いので

ヒアリングの精度が段違いで良いです。

 

楽天リサーチ

http://research.rakuten.co.jp/

楽天リサーチ

 

例えば楽天リサーチなら1万サンプルなら

5門のアンケートで5万円から調査できます。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

売れるための文章を書くための基本はリサーチにあり。

私は新しい業界に参入する時は最低2週間は

リサーチします。

 

今の自分なら葬儀社と専門的な会話が出来るほど知識が身につきました。

そのため、リサーチの時間が少なくて済むようになってきました。

そうなると比較的スムーズにライティングに着手することができます。

 

売れるサイトを作るための秘訣は

見込み客の頭の中を徹底的に理解すること。

 

地味な作業ですが怠らずにリサーチを徹底すると

反応のとれるサイトに近づきます、、、

どんどん精度をあげて対応出来るようになって下さい!

 

以上です。

 

PS

ブログよりも濃いコンテンツを見たい方は

無料メールマガジンに登録することをオススメです!

スマホ集客で店舗・事務所が売上をあげる7つの秘訣

http://1gnitestrategy.com/archives/324

 

PPS

この記事が参考になった人は以下のfacebookページに「いいね!」してね。

セミナー集客の秘訣を知りたい方はこちらから

\ SNSでシェアしよう! /

株式会社ザ・リードの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

株式会社ザ・リードの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

田中 祐一

田中 祐一

1986年1月23日生まれ新潟県出身。
芝浦工業大学材料工学科卒業後、株式会社NTTデータに入社。意識高い系の彼女に安定企業で給料をもらう生活を馬鹿にされフラれた事がきっかけで起業の道を志す。
クライアントのプロダクトローンチを実践することで、年商300万円のクライアントが、30日で4000万円を売り上げている。
現在はエンジニアの経験を活かした、緻密なマーケティング・プロセスを設計し、爆発的に売り上げをあげるプロダクトローンチを武器にビジネスを展開。累計5億円以上の販売実績がある。ネット集客の専門家として全国の商工会議所で販売促進セミナーも開催している。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 河口さんへ、これマスターしておいてください。

  • ステージに応じた商品投入法

  • 差別化を意識しすぎじゃね?

  • プロダクトローンチは一発逆転の手法か?

関連記事

  • 商品の申込率をラクに簡単にあげるシンプルな方法

  • スマホ集客のためのキャッチコピーとは

  • コピーライティングは「スティーブ・ジョブズ脅威のプレゼン」から学べる

  • NO IMAGE

    コピーライティングにおいて重要なこと

  • 人は感情でモノを買って、理屈で正当化する。

  • 日本語は正しくなくても商品は売れる