1. TOP
  2. 年商3000万円の壁を突破する方法

年商3000万円の壁を突破する方法

 2021/12/29 マーケティング
この記事は約 4 分で読めます。 56 Views
プロダクトローンチの専門家
田中祐一です。

=================
年商3000万円の壁を突破する方法
=================

と言う話をします。


結論、

【お金の燃やし方を学ぶ】

ということです。


なぜ、僕がこの話を
メルマガで書こうかと思ったのかというと
みんなお金の使い方が下手だなと思ったからです。


一般的に、1人で稼ぐ限界値というのがあって
年収で1000万円〜2000万円です。


この限界値を底上げするのが
【お金の使い方】なんですよね。


つまり、お金を増やすために
お金を使うことが重要。


!?
!?


矛盾していませんか?


はい、ここに盛大な
矛盾があります。

まず、前提として
1人で全部やっていては
レバレッジがかかりません。


人にお金を払い
広告にお金を払うことで
レバレッジが働きます。


しかし、お金を増やすために
お金を払うことに抵抗感の
ある人も多いのでしょうか?


僕のように「うっほーい!お金使おう!」


と考えて毎月数百万円の
広告費を垂れ流す。


というのも変人です。


この思考に売り上げ拡大の
ミソが入っています。


お金を他人に払うことで
お金が増える。


文字以上に実践するのは
難しい。


”本能”に逆らう行為だからです。


============
頭で理解しても行動できない
============

ボクシングを始めたら
強烈なパンチが飛んできます。

コーチは指示してきます。

「目を閉じるな!」
「頭を下げるな!」


これ、できます??


無理ですよね(笑)


お金を使うって同じで
実はトレーニングしないと
できないんです。


でも、悩ましいのは
少しでも早く始めた方が
上達が早いと言うこと。


それに気づいて
小さく行動できるかが
大きな分かれ道ですよ。


僕は実はそこに起業しはじめて、
年商300万円前後のころに
秘書を採用しています。


僕は人と広告にお金を払う
トレーニングを早く始めただけ。

そこが同じような年商を
何年も続ける人と
売り上げを高く伸ばし続けられる人の
違いですね。


==============
お金はもらうより払う側になろう。
お金持ちのルール
==============


あなたの周りにいる
お金持ちは、他人にお金を
払っていませんか?


これを

「あの人はお金があるから払える」

と思ったのなら
思考停止ですよ。


「どうやったら自分もなれるのかな?」

と方法を探すのが起業家ですからね。


世の中のほとんどの人は
思考停止していて
自分の頭で考えられません。

視野をあげていきましょう。


小さく始めて
大きく育てる。


小さなことでもいいので
仕事を他人に依頼してみましょう。


電子書籍のための
書き起こしの依頼とか。


数千円、数万円でも
人に依頼できる仕事って
転がっていますよ。


発注者になって初めて
仕事を受注する側と違う
気持ちを知ることができますよ。


トレーニングしないと
毎年自分1人の限界が
訪れてしまいますよ。


年商3000万円を突破するための
お金のルール。


お金はもらうより払う側になろう。


これ、肝に銘じてビジネスに
取り入れていってくださいね。


=========
お客様の声紹介
=========

【成功事例:伊藤直美 様】
スピリチュアル講師

パソコンも全く触れなくても、
プロデューサーと組んで初挑戦で5000万、
2回目で1億売り上げられました

https://tanakayuichi.com/success/itounaomi/

\ SNSでシェアしよう! /

田中祐一公式ブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

田中祐一公式ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

田中 祐一

田中 祐一

1986年1月23日生まれ新潟県出身。
芝浦工業大学材料工学科卒業後、株式会社NTTデータに入社。意識高い系の彼女に安定企業で給料をもらう生活を馬鹿にされフラれた事がきっかけで起業の道を志す。
クライアントのプロダクトローンチを実践することで、年商300万円のクライアントが、30日で4000万円を売り上げている。
現在はエンジニアの経験を活かした、緻密なマーケティング・プロセスを設計し、爆発的に売り上げをあげるプロダクトローンチを武器にビジネスを展開。累計5億円以上の販売実績がある。ネット集客の専門家として全国の商工会議所で販売促進セミナーも開催している。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ボトルネックは、、、俺 笑

  • 長く続くプロジェクト、 短命で終わるプロジェクトの違いとは?

  • PP京都合宿のシェア。どんな内容が共有されているのか?

  • 【20日まで】PP2022、続々とエントリーされています

関連記事

  • 第1回ライブ大反響でした!378コメント!

  • コロナ時代に爪を研ぐ方法

  • 世の中なんて動かさなくていいんだよ

  • 仲間から見放される話し方

  • プロダクトローンチ=動画?

  • 金八先生で嫌いなキャラがいます!