1. TOP
  2. ワイは諦めへんで!

ワイは諦めへんで!

 2020/02/07 マーケティング
この記事は約 5 分で読めます。 61 Views

田中祐一です。

ある海外セミナーの日の朝です。
海外にいくために空港に向かいました。

そこで、、、

やらかしてはいけないことを
してしまった!!

何か?

飛行機は成田から出ます。

でも、僕は仕事をしながら
ぼーっとして空港に
向かっていました。

そう・・・

ぼーっとしながら
空港に向かっていたら、、、
気づいたら京浜急行に
乗っていた。

車内アナウンスで
ふと気づくのです。

「!!!!!!?????」

そんな馬鹿な!

・・・・

この電車、、、
羽田行きじゃねーか!!

と。

そう、痛恨のミスです。
(ってかあんまり
どこいくか考えてなかった)

気づいた瞬間、
心臓の鼓動がめちゃくちゃ
大きくなり、せっかくお金を
払ったチケット代が無駄になる!
という焦りから冷や汗が。

実は3日前に
日本から海外に出る時
羽田から海外にでかけていました。

同じ航空会社で同じような
時間帯だから無意識で
油断してしまい、3日前と同じ
羽田に向かってしまった。

とりあえず、京急を
戻って成田エクスプレスに
乗ろうと思い急ぎ逆走。

その間に到着時刻を
計算!

今から、成田に向かっても・・・
フライトの10分前に
成田空港に到着!!

だめじゃん!!!

ちーん。

しかし、僕は向こうでも
仕事があるため、
何としても本日中に
日本を出たい!

僕はあきらめない!

なので、羽田から
同じ航空会社の便で
同じ目的地のチケットは
余っているんじゃないか?

交渉できるんじゃないか?

そう思い、再度羽田空港に
向かいました。

田中:
「成田でこのチケット乗れませんでした。
何とか羽田から乗れませんか?
掲示板を見たら、同じ目的地の
便はあるのでそれに乗りたいです。」

受付:
「生憎ですが、本日の便は満席です。
残念ですが無理です。
明日の朝8時の便がございますので、
そちらをお取りしましょうか?」

と・・・
追い返されました。

まじかー。

このままでは不味い。
このままでは不味いぞ・・・と。

僕は考えた。

どうやったら時間通りに目的地に
たどり着けるか?

・・・・・・

こうなったら懇願するしかない!
方法はないのだ!

そう思い、
再度「受付カウンター」へ。

田中
「何とか目的地にいきたいのです。
方法はわかりませんが、
何とかできませんかね?
本当にお願いします。」

受付
「と言われましても本日は
満席なので・・・」

田中はひらめく!
「キャンセル待ちってできませんか?
少しでも可能性があるのなら
それでお願いしたいです。
ダメなら受け入れるので何とか
したいのです。」

受付
「わかりました。
1時間後になったらキャンセルが
でるかわかりますので、また受付に
来てください。」

と・・・・・・

すでに僕が乗るはずだった
成田便は空に飛び出ており、

羽田便も満席状態。
そもそも、成田の便をやめて
羽田を使わせてくれ、
というのも図々しい話。

さらに、キャンセル待ちまで
お願いする次第。

でも、何とか
目的地に着きたかった。

とりあえず、1時間
あるから飯を食う。
羽田は食事処はたくさんある。

空いているお店が
あったのでとりあえず
メンチカツを食う。

食っている最中に電話が!

・・・
「田中さん、キャンセル出ました!
フライトまで時間がないので
すぐに受付カウンターに来てください!」

と!

・・・・・・

むおおおおおお
やったぞーーー

ということで、
本来取得したチケットでは
ないのですが、、、

何とか、諦めずに
キャンセル待ちをして、
その結果飛行機に乗り込むことができた。

かなりのドタバタ劇だ!

こんなアホな話なんですが、
これは集客に関しても同じ話が
言えるんです。

何かっていうと、
毎回そんなにうまく人は
集められない。
うまくいかないことの連続だ・・・
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
ということ。

僕もよく失敗する。
集客のプロだけど予定通り
集められないことなんてよくある。

でも、その度に改善して
行動を続けている。

集客=あきらめずに行動し続ける。

これしかないです。
プロダクトローンチをやった。
結果、売れなかった。

でもリストが取得されている。
ってことは沢山アプローチできますよね?

野球で1打席三振したくらいで
もう人生終わりな訳無いやん。

何度でも振り続けよう。
絶対にヒットが打てるタイミング
がくるし、結果的にホームランに
なるかもしれない。

航空会社に「あきらめてください。」

と言われても可能性を探す。
結果、活路が開かれる。

自分を信じて行動し続ける。
これに勝ることはないんじゃないかな。

他人に何を言われようが
何とかする!

これぞ起業家精神です(爆)

\ SNSでシェアしよう! /

田中祐一公式ブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

田中祐一公式ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

田中 祐一

田中 祐一

1986年1月23日生まれ新潟県出身。
芝浦工業大学材料工学科卒業後、株式会社NTTデータに入社。意識高い系の彼女に安定企業で給料をもらう生活を馬鹿にされフラれた事がきっかけで起業の道を志す。
クライアントのプロダクトローンチを実践することで、年商300万円のクライアントが、30日で4000万円を売り上げている。
現在はエンジニアの経験を活かした、緻密なマーケティング・プロセスを設計し、爆発的に売り上げをあげるプロダクトローンチを武器にビジネスを展開。累計5億円以上の販売実績がある。ネット集客の専門家として全国の商工会議所で販売促進セミナーも開催している。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 伝えるよりも、レベルを上げよう。

  • 悲しくなるぜ。

  • チームで成果をあげるには、信じないことも大事

  • 動画苦手でも大丈夫!マインドマップ動画の作り方

関連記事

  • 他業種からの参入で4300万円!

  • NO IMAGE

    リピートされるコミュニティの秘訣とは?

  • 31歳で達成できたこと

  • LINE@で売上を伸ばしたいなら・・・コレよ

  • 集客できるか?不安なときの対処法

  • NO IMAGE

    10秒でできる「地味な起業」スタートアップ診断を公開!