1. TOP
  2. お歳暮はもう死んだ・・・

お歳暮はもう死んだ・・・

 2017/12/17 マーケティング
この記事は約 4 分で読めます。 494 Views

プロダクトローンチの専門家
田中祐一です。

年末ということで
来年の目標設定や契約で
大忙しです。

この時期辛いのは

「お歳暮」

この文化、なんとかならないものでしょうか?

今の時代、簡単にメッセージが送れる時代、
時代錯誤というかモノが送られてきます。

これがダメです。ストレスです。

もともとは手渡しするための
文化ですよね?

僕はこれをもらうと
「何か返さなければならないな・・・(汗)」

そんな返報性のトリガー
が発動するのが嫌で嫌でしょうがありません。

そんなもじもじ・プレッシャーから
へこたれてしまい鬱になりそうです。

僕と同じような人は他にいませんか?

あのですが、、、
僕の中で決めていることがあります。

「人でなし」と言われますが、
お歳暮は返しません!

あ!
似たものでは年賀状も返しません!

これだけ情報が爆発し、
モノが溢れている時代、
モノ”だけ”をもらっても
つながりや価値を感じません。

(ごめんなさい、語弊があるのがわかって
 あえて書いています。)

モノだけ送ってお世話になった
と伝えるのなら、食事に誘って欲しい。
一緒に遊んで欲しい、思い出を共有したい。

体験価値
 ̄ ̄ ̄ ̄

という言葉がありますが、
モノよりも体験が価値がある時代に
なってきています。

あと、僕の会社がバーチャル
オフィスなんで、会社のホームページの
住所にお歳暮を送られてしまうと、、、

自宅に荷物が転送され、
着払いになってしまいます。

なので、僕の会社の住所にお歳暮を
送られるたびに僕の自腹で1000円
お金がでていくのも困りものです。
(今年はすでに2回払っています涙)

まぁこれはどうでもいいことです(笑)
本質はもっと違うところにあります。

古いしきたりも大事ですが、
どうすればより取引先との関係が
強固になるのか?

時代を見据えて真剣に
考える必要があると思います。

僕だったら贈り物はしません。
仕事や、仕事以外の体験価値を通して
思い出を共有して仲良くなります。

だから僕は

・沖縄合宿をしたり
・Airbnbで泊まり込み合宿したり
・屋形船にのったり
・ハロウィンでコスプレしたり
・加賀屋で忘年会したり・・・

そういう、何にも変えられない
経験を率先して体験しています。

これからの時代の繋がり方は
本当に特殊で、
体験価値を通した関係にならないと
強固な関係が構築できません。

たとえ、クライアントの結果が
出していたとしても、体験価値が
高まっていなければ、
また他のコンサルのところで
学んでしまいます。

ノウハウやマインドだけでは
足りないんじゃないかな?

それが新しいコミュニティの
世界だと思っています。

だから僕は遊び続ける。
受講生と一緒に体験価値を高める!

ただメリットだけの関係なんて
面白くないから。

気づけば講座を始めて二年、
受講生の累計売り上げが
10億円を超えました。

プロダクトローンチを教える
コミュニティでは日本で最大だと
自負があります。

実績も積み重ねてきました。
そんな僕が思うことはあります。

無機質に売上をあげるだけなら、
追い込んで売上をあげるだけなら
もっと他のコンサルタントの方が
上手です。

それなら僕じゃなくていい。

僕は
「全員で勝つ!」
そして、
「楽しむ、成長する、そして稼ぐ!」
を実践し続けます。

その方向を極める!

体験価値を高めて、
一緒に成功していく。

一人ぼっちで稼いでも
おもしろくないや。

オタクだった僕。
いじめられっ子だった僕。
友達のいなかった僕。

そんな僕だからこそ、
仲間がいる世界に憧れている。
今もなお強く感じる。

今でも十分に満たされていますが、
その世界は拡大していきたい。

時代の流れを見据えて
体験価値を共有する仲間を増やします。

だから一度真剣に
考えて欲しいなと思います。

お歳暮を配る前に
もっとやることがあるのでは?

僕は、世の中の起業家に
そう伝えたい。

あなたはどう思いますか?

\ SNSでシェアしよう! /

田中祐一公式ブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

田中祐一公式ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

田中 祐一

田中 祐一

1986年1月23日生まれ新潟県出身。
芝浦工業大学材料工学科卒業後、株式会社NTTデータに入社。意識高い系の彼女に安定企業で給料をもらう生活を馬鹿にされフラれた事がきっかけで起業の道を志す。
クライアントのプロダクトローンチを実践することで、年商300万円のクライアントが、30日で4000万円を売り上げている。
現在はエンジニアの経験を活かした、緻密なマーケティング・プロセスを設計し、爆発的に売り上げをあげるプロダクトローンチを武器にビジネスを展開。累計5億円以上の販売実績がある。ネット集客の専門家として全国の商工会議所で販売促進セミナーも開催している。

この人が書いた記事  記事一覧

  • NO IMAGE

    PDCAを鬼速で回す10個のポイント!

  • NO IMAGE

    ビジネススキルとしての因数分解5つのメリットとは?

  • NO IMAGE

    お金を失いました・・・

  • NO IMAGE

    ベストセラーはなれるものではない。なるものだ。

関連記事

  • NO IMAGE

    30万円、50万円無理なく売る方法

  • 売り上げを2倍にするために知っておくべき公式

  • あと何年現役でいられるのか?

  • 「我が人生悔いなし」と語れますか?

  • 視点を高く!ノウハウは無限大!

  • ハロウィンパーティーの優勝者から学ぶマーケティング