1. TOP
  2. コーチング?そんなん知らんし・・・

コーチング?そんなん知らんし・・・

 2016/12/31 マーケティング
この記事は約 6 分で読めます。 337 Views

プロダクトローンチの専門家
田中祐一です。

大晦日でごわす。

2016年も田中の「のらりくらり」とした
メルマガにお付き合い頂き
ありがとうございました。

今日は2017年に叶えたいこと
「マジックリスト」をほそぼそと
更新して新年を迎えたいと思います。

2016年、最後のほうに
ガツンと思い知らされたことがあります。

あるミーティングで
こんなことを言われました。

何かというと

「田中さんと話すとセルフイメージが下がる!」

とのこと。
これを聞いた瞬間、

「うわー、まじか・・・・」

という感じ。

僕達コーチ・コンサルの業界にいるとわかりますが、
セルフイメージが下がる、って収入に
直結するので最悪なのです。

そんな風に接しているつもりはないのですが、
心中穏やかでなく・・・。

知らず知らずの内に色んな方に
そうやっているのかもしれないな~。

と思い、罪悪感でダースベイダーに
なりかけていました。

が!

ぶっちゃけて、もう気にしていません。

今は、
内側からフォースの力を感じます!

今は、タナキン、スカイウォーカーです。
(あ、こいつダークサイドに堕ちるっけ・・・)

なぜ、もう復活したのか?

というと、、、
「弱み」をどうこうしようと思っても
仕方がないから。

だって、俺コーチングも
コンサルティングもやり方
知らないしw

と・・・

田中祐一、実は

  • コンサルティング資格も
  • コーチング資格も
  • カウンセリング資格も

なーんも持っておりません。

仕事上の経験もありません。

道理で下手くそなわけですわ。
あんまり、そのスキル向上に
情熱を持っていません!
(ドドン!!)

僕の中での意識していることは

  • 現状をよく聞いて
  • 目標をよく聞いて
  • 現実と目標のギャップを埋めるための
    施策を提案する

くらいしか言語化されていないのです。

いや、まじです。

では、なぜ僕が
「パートナー型プロデューサー講座」
で13人の受講生で3億円という
売上を上げられたのか?

なぜ僕が
「プロダクトローンチ実践コース」
で1期、2期合計で受講生が
4億円という売上をあげることが
できたのか?

それは「場作り」が
うまいからだと思っています。

僕の強みは

皆が能力を発揮できる「環境づくり」

ですね。

これは大学の200人サークルでも
全員が活躍できるコミュニティを
意識して運営し、それが実っているし、

退職前、NTTデータで
50人の部下がいる状況での
プロジェクトマネジメントでも
生かされていました。

インターネットを活用したビジネスで
グルofグルと言われていいる、
「リッチシェフレン」曰く

強み=生まれ持った才能
+経験+教育+スキル

と言います。

僕は、チームビルディング、
プロジェクトマネジメントは
経験も教育もスキルも持っている
わけです。

だから強みなので、
そっちをもっと活かしたほうがいい、
ということです。

僕はコーチングとかで
成果を上げさせているわけでは
ありません。

ありきたりなことを言いますが

「チームの雰囲気」が良ければ
個人が勝手に成果を出していくのです。

起業家が能力を抑制してしまうのは
「他の人に迷惑をかけてしまうのではないか?」
「こんなことしていいのだろうか?」
「私だけ変に思われないだろうか?」
という

==
遠慮
==

が働くときです。

でも、会社員じゃないんだから、
遠慮なんてする必要もないし、
好きなことを好きなだけやったら
いいんですよ。

こんな事を言っているから
受講生がセミナー中にアイスクリームを
食っていたり自由な感じなのですが。。。

僕は
========
全員で勝つ!
========

ということを受講生全体に
繰り返し繰り返し伝えています。

成果が上がらないのは全体的に
「良くない遠慮」が働いているから。

それを取っ払うのは
講座参加者の「安心感」なんです。

◯◯しちゃダメ、って
基準を下げまくるのです。

そうすると、自然と行動力が
高まっていきます。
して、結果がでる。

僕の受講生が

  • コーチングがヘタでも
  • コンサルティングができなくても
  • 田中がアホでも
  • メンタルブロックを解除出来なくても

成果が上がっているのは、

一人ひとりがチャレンジできる
環境を作れているからだと思っています。

チームの力は偉大です。

プロダクトローンチは
一人でもできますが、
一人ぼっちではうまくいかない。

これもまた真実なり。

来年は、1人起業家でも
チームを組んで「全員で勝つ」
そういう「プロデューサーの育成」にも
もっともっと力を入れていきたいと
思っています。

それが僕の「強み」だから。

業界でプロデューサーの数は少ないし、
それをやれる人も少ない。

だからこそ、チャレンジしがいがある。

1人起業ブームと言われていますが、
多くの人が一人ぼっち起業で
苦しい思いをしています。

ってか、その仕事のやり方、
古いって・・・

って思います。

個人がチームで仕事をすれば
大変な部分もあるけど、
喜びだって、やりがいだって
何倍も感じられますよ!

僕が伝えていきたいのは
そういう分化、価値観。

仲間と一緒に成長するビジネス

これが新時代の働き方だろう!
そのムーブメントを起こしてやろうじゃないか!

そう大晦日に思って
カタカタ文章を打ちました。

とりとめもなく終わるのが
田中っぽくて良いかなーと。

来年もこんなノリで
書いていきますよ。

今年もお付き合いいただき
ありがとうございました。

それでは、

良いお年を!
_
       _
   ⋀⋀   / |
 _/(・ω・)/●. |
!/ .} ̄ ̄ ̄   /
i\_}/ ̄|__/≡=
  ` ̄ ̄~❤
      ~❤
        ~❤
          ~❤
            ~❤

\ SNSでシェアしよう! /

田中祐一公式ブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

田中祐一公式ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

田中 祐一

田中 祐一

1986年1月23日生まれ新潟県出身。
芝浦工業大学材料工学科卒業後、株式会社NTTデータに入社。意識高い系の彼女に安定企業で給料をもらう生活を馬鹿にされフラれた事がきっかけで起業の道を志す。
クライアントのプロダクトローンチを実践することで、年商300万円のクライアントが、30日で4000万円を売り上げている。
現在はエンジニアの経験を活かした、緻密なマーケティング・プロセスを設計し、爆発的に売り上げをあげるプロダクトローンチを武器にビジネスを展開。累計5億円以上の販売実績がある。ネット集客の専門家として全国の商工会議所で販売促進セミナーも開催している。

この人が書いた記事  記事一覧

  • NO IMAGE

    受講生が行動できるようになる対話法

  • NO IMAGE

    成功したいプロデューサーのためのコンテンツホルダーとの組み方

  • NO IMAGE

    集客できるか?不安なときの対処法

  • 受講生の成果が上がる3つの秘けつ

関連記事

  • 名選手は名コーチにあらず?

  • 文章を書くコツ

  • 年商3000万円限界説の突破法!

  • この15秒に集中すればビジネスはうまくいく!?

  • カミングアウトしますが、、、

  • ステージに応じた商品投入法