1. TOP
  2. LINEのマネタマイズ戦略とは?

LINEのマネタマイズ戦略とは?

 2014/01/05 LINE@
この記事は約 3 分で読めます。 61 Views

スマホを手に入れれば誰もが活用することになる、通話やメッセージ機能。それを通信費のかからないインターネットを活用することで、無料で提供するLINEのようなアプリはユーザーの高い利用率を誇ります。LINEはこの「フリー戦略」を有効に活用し、どんどんシェアを広げていきました。

 

ただ、フリー戦略をとるということはどこかでマネタマイズ(有料化)をしなければ、事業として成り立ちません。LINEはいったいどのように事業をマネタマイズしていったのでしょうか?

 

LINEの戦略としては、導入時にスマホユーザーからよく活用されるアプリとしての地位を築いた後、プラットフォームとして様々な用途・サービスを提供することで有料化を推し進めていきました。

事実、LINEはユーザー数の増加とともに、どんどん新しいサービスを投入しています。

LINEの進化

【第一フェーズ】

最初は無料の通話機能、メッセージ機能を提供して、市場のシェアを取っていきました。

スマホを利用していれば、当然LINEというアプリを使用するという状態の構築です。

 

【第二フェーズ】

プラットフォームとしてゲーム等活用し、LINEの定着化を行ってきました。LINEはユーザーのコミュニケーションツールとしてスマホユーザーの共通言語であるという位置を定着させることに成功しました。

 

【第三フェーズ】

法人用アカウントである「公式アカウント」が登場し、資金のある企業の広告として活用されてきました。

大量のユーザーが使用していLINEに対してスポンサーからの広告を配信することで、BtoC向け情報配信メディアとしての地位を確立しました。

 

【第四フェーズ】

次の市場として中小企業向けの情報配信ツールとしてサービスを提供してきました。月額固定費、かつ低額で使用できるサービスとして「LINE@」が登場します。

 

シェアを一気に牛耳り、ゲーム等のコニュニケーションツールとしてアクティブユーザーを確保した後に、企業からの広告配信先として、企業も個人も取り込んでいった、という流れになります。

PS
ブログよりも濃いコンテンツを見たい方は無料メールマガジンに登録することをオススメします!

スマホ集客で店舗・事務所が売上をあげる7つの秘訣
http://1gnitestrategy.com/archives/324

お知り合いの方にご紹介いただけると嬉しいです!

PPS
この記事が参考になった人は以下のfacebookページに「いいね!」してください。

セミナー集客の秘訣を知りたい方はこちらから

\ SNSでシェアしよう! /

株式会社ザ・リードの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

株式会社ザ・リードの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

田中 祐一

田中 祐一

1986年1月23日生まれ新潟県出身。
芝浦工業大学材料工学科卒業後、株式会社NTTデータに入社。意識高い系の彼女に安定企業で給料をもらう生活を馬鹿にされフラれた事がきっかけで起業の道を志す。
クライアントのプロダクトローンチを実践することで、年商300万円のクライアントが、30日で4000万円を売り上げている。
現在はエンジニアの経験を活かした、緻密なマーケティング・プロセスを設計し、爆発的に売り上げをあげるプロダクトローンチを武器にビジネスを展開。累計5億円以上の販売実績がある。ネット集客の専門家として全国の商工会議所で販売促進セミナーも開催している。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 河口さんへ、これマスターしておいてください。

  • ステージに応じた商品投入法

  • 差別化を意識しすぎじゃね?

  • プロダクトローンチは一発逆転の手法か?

関連記事

  • LINE@は集客以外にも使える?

  • LINEって何?

  • LINEの持つ3つの強みについて

  • LINEのユーザー情報ってどうなっているのか?

  • LINE@を活用して収益を上げる意味

  • LINE@でメッセージを読まれるための工夫