1. TOP
  2. 新商品投入は悪手か?

新商品投入は悪手か?

 2019/12/06 マーケティング
この記事は約 3 分で読めます。 229 Views

田中祐一です。

拙著:僕たちは地味な起業で食っていく。

が中日新聞でランキング
6位入りしていました。

発売3ヶ月でも頑張っていることが
嬉しいです。

※Facebookに飛びます。
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=2738309592895412&set=a.194765520583178&type=3&theater
新しい商品って
販売すれば売れるわけです。

でも、ずっと売れ続けるわけでもなく
ロングランというのは本当に
難しいものです。

僕の書籍だって、当然
最初に比べたらどんどん
売れ行きは悪くなっていくもの。

ビジネスの本質としては
新商品は売れやすい。

だから新商品はどんどん
投入した方がいいという
考え方があります。

あなたのビジネスは
どうですか?

次々と新しいセミナーを
企画したり、新しい商品を
作っていますか?

実は、この新商品投入、
おすすめでない場合もあります。

つまり、ビジネスの罠ということ。

これは、大富豪の起業術
マイケルマスターソンの本に
書いてあったかと思います。

年商1億円までは
新しい商品を投入することより
とにかく販売による利益を出すこと。

そして、年商1億円を
超えてからは新商品を出す
サイクルを早めること。

これが大事と書いてあります。

「商品を売ること」を絶対まず第一に
優先しなければいけないのに
それ以外に時間やお金をかけてしまう。

これはよくある罠なんですよね。

商品開発も、強いて言えば
販売の時間ではありません。

つまり、年商1億円いくまでは
少ない商品をとにかく売ることに
フォーカスしなさいということです。

でも、結構いろんな人を見ていますが
商品数が多すぎたり、エネルギーが
分散しています。

次々にそんなに新しい
セミナーや商品を企画していませんか?

もっと1つの商品の販売に対して
フォーカスした方がいいですよ。

商品に悩んでいる人は
時間がもったいないということです。

新しい商品企画ばっかりやっている人は
自分のステージから振り返ってみてくださいね。

\ SNSでシェアしよう! /

田中祐一公式ブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

田中祐一公式ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

田中 祐一

田中 祐一

1986年1月23日生まれ新潟県出身。
芝浦工業大学材料工学科卒業後、株式会社NTTデータに入社。意識高い系の彼女に安定企業で給料をもらう生活を馬鹿にされフラれた事がきっかけで起業の道を志す。
クライアントのプロダクトローンチを実践することで、年商300万円のクライアントが、30日で4000万円を売り上げている。
現在はエンジニアの経験を活かした、緻密なマーケティング・プロセスを設計し、爆発的に売り上げをあげるプロダクトローンチを武器にビジネスを展開。累計5億円以上の販売実績がある。ネット集客の専門家として全国の商工会議所で販売促進セミナーも開催している。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【12分で解説】2025年、人は「買い物」をしなくなる

  • 振り回されると失敗する。

  • 2020年、新しく始めたこと。

  • 年商10億円を阻む壁

関連記事

  • 何を捨てますか?

  • 本日終了:2000円引きで購入できます。

  • NO IMAGE

    【告知】オンラインライブやります!「忘れられた紛争」の真実

  • ペット案件で700万円!?

  • 社長の仕事をなくす思考法とは?

  • 休みの日なら動画を見よう!