1. TOP
  2. お金を失いました・・・

お金を失いました・・・

 2019/07/11 マーケティング
この記事は約 3 分で読めます。 92 Views

田中祐一です。

お金を失いました・・・
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

今日は衝撃な出来事がありました。

僕のような人はなかなかいないとは
思いますが、、、

それでも可能性はゼロじゃないなと思うので
あなたに僕のズッコケ話をシェアします。

お金の問題はあなたにも
きっと関係があります。

弊社、ザ・リードですが、
社会保険に加入しています。

法人として当然だと
思っています。

そして、、、

いつから加入していたのか?
おそらく会社を作った6年前、
からだとは思っています。
(記憶が曖昧)

そして、毎年家に届く
国民健康保険。

これも、、、
まぁまぁ高いなぁと思いつつ
支払っていました。

つまり

・社保(法人として)
・国民健康保険(個人として)

二重払いになっていたのです!
今日の今日に気づきました!

会社で加入しているなら
個人としての保険は不要なのに!

あああああああ!
なんてこった。

気づいたので、早速
市役所に行き、解約と同時に
還付手続きをしました。

「昔すぎるものは
時効のため戻ってこないですよ。」

と市役所のおねぇさん。

なぁーーーーーにぃーーーー!
やっちまったなーーー!

と、クールポコもびっくりの(古い)
ショックを受けました。

頭がクラクラしています。

ガンジーが助走をつけて
殴ってくる。

それくらいのインパクトです。

そんでもって調べました。

実は、社保に加入した際の
国民健康保険の解約漏れは、
30万件以上の被害もあるとか。

法人を作っている方、
また個人事業主から会社員になった場合など
そういう方は気をつけてください。

この記事によると・・・

==============
30万件以上の被害とも 社保と国保保険料「二重払い」の実態
https://dot.asahi.com/wa/2018101000013.html?page=1
==============

なななんと、、、、
還付で戻ってくるのは2年分、、、
だとぉおおおおお!

ということで、
それよりも前の俺の
国民健康保険に支払った金額は

国に消えました。

ああ。アーメン。

誰かが幸せになってくれれば
それでいいかな。

ビジネスをして
国にお金を納めるのも
社会のためやし。

今回は、俺の個人所得が
無駄にお金を払っていた、
ということです。

お金のこと、知らないと
怖いですよね。

僕らって、基本攻め中心ですね。
でも、守りもしっかりしていかないと
経営はしていけない。

改めて、気を引き締めて
勉強していこうと思った次第です。

バランスですかね〜。

あー。
こういうこともあるよねー。

ついてるついてる。

メルマガを書いていたら
だんだん癒されてきました。

吐き出すって大事だなぁ〜。

\ SNSでシェアしよう! /

田中祐一公式ブログの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

田中祐一公式ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

田中 祐一

田中 祐一

1986年1月23日生まれ新潟県出身。
芝浦工業大学材料工学科卒業後、株式会社NTTデータに入社。意識高い系の彼女に安定企業で給料をもらう生活を馬鹿にされフラれた事がきっかけで起業の道を志す。
クライアントのプロダクトローンチを実践することで、年商300万円のクライアントが、30日で4000万円を売り上げている。
現在はエンジニアの経験を活かした、緻密なマーケティング・プロセスを設計し、爆発的に売り上げをあげるプロダクトローンチを武器にビジネスを展開。累計5億円以上の販売実績がある。ネット集客の専門家として全国の商工会議所で販売促進セミナーも開催している。

この人が書いた記事  記事一覧

  • NO IMAGE

    出版まで残り21日!応援団、募集!

  • NO IMAGE

    8500

  • NO IMAGE

    コメント殺到!洗脳教育から覚醒教育へ!

  • NO IMAGE

    11人の専門家によるネット集客の祭典を公開!俺も出てますw

関連記事

  • お盆

  • 女性のためのガチ成功法則が公開!?

  • 年商3000万円限界説の突破法!

  • NO IMAGE

    ハワイなう。少しハワイの歴史を調べてみるとおもしろい。

  • 売れる「お客様の声」の書き方

  • スマホの利便性が向上