1. TOP
  2. 終身雇用崩壊のカウントダウン

終身雇用崩壊のカウントダウン

 2019/05/15 マーケティング
この記事は約 5 分で読めます。 168 Views

田中祐一です。

今、ニュースサイトで

=============
「終身雇用守るの難しい」
トヨタ社長が“限界”発言
=============

という発言が物議を
醸しています。

Yahoo!ニュースより下記引用:
==================

自動車業界トップも終身雇用の継続は難しいとの認識です。

日本自動車工業会・豊田章男会長:「なかなか終身雇用を守っていくというのは難しい局面に入ってきたのではないかと」

トヨタの豊田社長は業界団体のトップとして、終身雇用について「雇用を続けている企業にインセンティブがあまりない」などと述べ、今のままでは継続は難しいとの認識を示しました。一方、中途や派遣の社員が増えているとして、「やりがいのある仕事に就けるチャンスは広がっている」と述べました。終身雇用を巡っては、経団連の中西宏明会長も「終身雇用なんてもう守れないと思っている」と発言しています。
==================

だってね?

これをみて、
時代の流れをどう感じるでしょうか?

日本のトップ、
いや世界の自動車メーカーの
トップの発言だからこそ
注目されています。

トヨタは、今年初めて
自動車メーカーとして売り上げ
30兆円を突破!

まだまだ伸びている?

という印象を持っています。

しかし、トヨタ社長の発言は・・・

時代の流れに合わせて柔軟に変化しないと
いけないという危機感を持っている。

そう感じました。

「イノベーションのジレンマ」

という書籍を僕は好きなのですが、
過去の成功法則に固執すると、
その会社は淘汰されるという内容。

富士フィルムが液晶フィルムから
複合医薬品、化粧品などを作る
会社に転身して成功したように。

これ、会社だけではなく
個人にも適当されると思っています。

日本は、国を挙げて一丸となって
終身雇用の中で戦ってきました。

企業人として。

でも、グローバル化が進み、
結束力も大事ですが、柔軟な変化も
求められるようになりました。

もう散々言われてきたと思うのですが、
これからは「変化のしやすさ」というが
武器になる時代だと感じています。

転職って何回もやっっていると
「大丈夫?」って考え方が
時代遅れになるかもしれません。

1つの会社でしか働いたことがない
というのは本当に「価値」があること
なのでしょうか?

僕の会社だって、創業から同じことを
続けているだけではなくてしっかり
変化していっています。

今やっている事業もあと
数年できるかはわかりません。

僕たちは、これからも活躍し続けるために
「変化」に対応できる柔軟な「気質」を
蓄えていく必要があると思っています。

数年後にジリ貧になるくらいなら。

今すぐできることは
「経験資産」を少しずつでいいから
広めていくこと。

会社の外でビジネスしてみる。
外の世界と交流してみる。

とにかく世界を広くみる力を
少しずつ養って、いつでもどんな状況でも
対応できるようにしておく必要を
強く感じます。

僕は、NTTデータという巨大企業を
退職したのは「危機感」でした。

1兆円越えの安泰企業に
感じる人も多く「なんでやめるの?」
という視線も多かったです。

でも、どこかで舵を切らなければいけない。
そう思いませんか?

大きな企業で大きな仕事を
することは、安定とは言えない時代が
来るだろうなと思っていました。

それが、年齢を重ねるごとに
絶対にフットワークが重くなる。

でも、遅いなんてことは
絶対にありません。

1秒でも早く、外の世界との交流を
着手した方が将来の汎用性は高い。

学校のテストも、当たり前だが
早めにコツコツ勉強していくと、
テストのときに良い点がとれる。
対応できる。

でも、一夜漬けでは何も
対応できない。知識も忘れていく。

今って気づいた人だけが
早く行動して、会社でも個人でも働ける
という「本当の自由」を手にすることが
できる。

未来のことを考えてもわからない時代だから、
おもしろい経験がつめて、楽しいことに
着手することが大事。

それが、誰にも
追いつけなくなる「経験資産」を
つみあげていく。

それが

「守り」でもあり
「攻め」でもある。

いきなり起業する必要は
なかったりもします。

でも、自分が見たことない世界に
積極的にチャレンジしておくことが
あなたの未来を作る上で大事なのでは?

僕はそう思っているし、
伝えたいからこうやって書いている。

小さな一歩を踏み出し続けよう。

転職もいいけど、いきなり
職業を変えるのはリスクが
大きいし、会社依存は
脱却できない。

それより、自分のスキルで
稼げるようになる。

その経験を溜め込んでいくことが
1番のリスクヘッジ。

考えているうちに、
感化された人はどんどん
チャレンジしていく。

気づいた時には置いてけぼりに
ならないように。

恐竜が絶滅したのは
環境の変化に適応できなかったから。

僕たちは哺乳類。
「全てはテスト」ですから
可能性を閉じないでいろんなことに
チャレンジしましょう^^

\ SNSでシェアしよう! /

田中祐一公式ブログの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

田中祐一公式ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

田中 祐一

田中 祐一

1986年1月23日生まれ新潟県出身。
芝浦工業大学材料工学科卒業後、株式会社NTTデータに入社。意識高い系の彼女に安定企業で給料をもらう生活を馬鹿にされフラれた事がきっかけで起業の道を志す。
クライアントのプロダクトローンチを実践することで、年商300万円のクライアントが、30日で4000万円を売り上げている。
現在はエンジニアの経験を活かした、緻密なマーケティング・プロセスを設計し、爆発的に売り上げをあげるプロダクトローンチを武器にビジネスを展開。累計5億円以上の販売実績がある。ネット集客の専門家として全国の商工会議所で販売促進セミナーも開催している。

この人が書いた記事  記事一覧

  • NO IMAGE

    発売3日で重版!有隣堂の週間ランキングでも7位!

  • NO IMAGE

    世界のHONDAが認めた!?

  • NO IMAGE

    大型展開、されてるぅ~。ついに発・売!

  • NO IMAGE

    【初公開!】本の目次をお披露目します!

関連記事

  • お盆

  • 文章を書くコツ

  • 田中祐一、無事死亡・・・

  • マーケティングにおける最大の罪

  • 起業時の不安をぶち破る方法

  • 温泉・仕事・温泉・仕事!