1. TOP
  2. コミュニケーションは価値提供

コミュニケーションは価値提供

 2019/02/05 マーケティング
この記事は約 3 分で読めます。 31 Views

田中祐一です。

働き方ブログを更新しました!
→ https://the-lead1.com/sml/archives/113

「コミュニケーションは価値提供」

という考え方についてシェアします。

僕たちのザ・リードでは、
取引先は顧客であり、ともに成長する仲間です。

チャット文化でやり取りしていく中で
常に自分自身のあり方が問われます。

起業家は迅速であり、
活力があり、爆発力があります。

しかし、ときに孤独。
そして不安。

気丈に振る舞っているように見えて、
実際はビビっていることも多いのです。

だからこそ、僕たちが
率先して応援する!というマインドを
持って接っしていくのが「全員で勝つ!」スタイルです。

「大丈夫ですよ!」
「いつも本当に助かっています!」
「何かあったら小さなことでも依頼してください!」
「お仕事ふっていただきありがとうございます!」

とコミュニケーション相手に
”勇気”と”パワー”を率先して
与えられる存在でありたいものです。

そして、会社内でのやりとも
同様の考え方です。

言葉はエネルギーであるため

======
・祝いにもなるし
・呪いにもなる
======

のです。

例えば・・・・

何かをミスしたときに

「大丈夫だよ!この経験をもとに
改善していこう!
ミスっても僕がサポートするから
安心して行動していこう!」

とするのか

「いつも同じミスばっかりして
そんなこともできないんですか?
本当にビジネスする気あるんですか?」

と言われるのとどっちが良いでしょうか?

社内ではありませんが、
実際にあったことです。

これをされた人は、
その人のいるチャットが怖くなり、
いつもできていることができなくなる
負のスパイラルになったのです。

まさに呪いの言葉!

僕たちのあり方は逆!
自立式サポーターですから
常に応援者の立場でいることで
相手にパワーと勇気を与えるのです。

言葉はエネルギーですね。
まさに「コミュニケーションは価値提供」です!

ザ・リードのメンバーなら

・取引先にも
・同じ社内にも

そうありたいですね。

ただ「要件」だけを伝えるコミュニケーションって
レベルが低いぜ!

一人ひとりのエネルギーレベルをあげて
周りが働きやすい「安心・安全」な環境
を作っていきましょう。

逆に、呪いをかけてくる人がいたら
積極的にスルーしましょう。

「ああ、また言っているよ・・・」
ぐらいでOKです。

まともに気にしていたら、
仕事の生産性が下がってしょうがないですね。

僕もなるべくそういう取引先とは
仕事をしたくありませんが、
ビジネスですから、マインドが下がるときも
あります。

でも、我々は積極的に「アゲアゲ!」
でいきましょう。

そういう会社で在りたよね。

「コミュニケーションは価値提供」

気づき、勇気、エネルギー、パワー
知識、情報、ノウハウ・・・

積極的に与えていきましょう!!

\ SNSでシェアしよう! /

田中祐一公式ブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

田中祐一公式ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

田中 祐一

田中 祐一

1986年1月23日生まれ新潟県出身。
芝浦工業大学材料工学科卒業後、株式会社NTTデータに入社。意識高い系の彼女に安定企業で給料をもらう生活を馬鹿にされフラれた事がきっかけで起業の道を志す。
クライアントのプロダクトローンチを実践することで、年商300万円のクライアントが、30日で4000万円を売り上げている。
現在はエンジニアの経験を活かした、緻密なマーケティング・プロセスを設計し、爆発的に売り上げをあげるプロダクトローンチを武器にビジネスを展開。累計5億円以上の販売実績がある。ネット集客の専門家として全国の商工会議所で販売促進セミナーも開催している。

この人が書いた記事  記事一覧

  • NO IMAGE

    ペット案件で700万円!?

  • NO IMAGE

    会社員のまま1000万円売り上げただと!!?

  • 実績ゼロ、強みゼロの専業主婦が210万円達成!?

  • わずか11日間、スマホ動画とメールだけで1120万を突破!

関連記事

  • 最短90日で会社員をやめる方法

  • デートの予定が出来ました。

  • 3億1500万円超え!!

  • 一人ビジネスは一人でやるな!

  • 甥っ子にジャックされました!

  • プロダクトローンチの本当の目的