1. TOP
  2. 分解男、登場!

分解男、登場!

 2016/11/14 マーケティング
この記事は約 3 分で読めます。 366 Views

お金をかけない「プロダクトローンチ」の専門家
田中祐一です。

さて、、、

昨日は、10時~18時としゃべりっぱなしのセミナーでした。

そこに、かれこれ1年以上僕の講座に通ってくれている 受講生?

もはやビジネスパートナーですが参加してくれました。

驚きなのは、1年間も近くで仕事をしてきて、僕のちゃんとしたセミナーを見るのは初めてだと(笑)

たしかに、セミナーセールスの講座では講師が3人いてメインの講師ではなかったし、

上級講座:パートナー型プロデューサー

ではレジメとかはなく、実践した内容の改善がメインコンテンツですから、、、言われればそうだなぁ。

 

ということです。

で、本人、

「ぱっかーんmomo

と来たようで・・・・

 

「田中祐一 = momo1

 

ということがわかったと。
なんじゃぁ!

1年近く見てきて、この人は何でできているのか?

そりゃ、水とタンパク質でできている訳ではございますが、思考のクセがわかったということ。

なんだと思いますか?

・・・

・・・・

・・・・・・

答えは・・・

 

田中祐一 = 分解

 

だと言ったです。

僕はどんなコンテンツも分解して情報を伝えないと気持ちが悪いので、たいていステップバイステップにしてしまいます。

■ 分解男 ■

と名乗ってもいいでしょう。

なんだか、エルメスたーんと言い出しそうで、一気にオタク度があがりましたな。

まぁ、この分解男が考えるに、多くの人はビジネスが上手くいかない理由の一つに分解して物事を考えられない。

という部分があります。

自分のビジネスを広げたいけど、何をすればいいのかわからない。

ということをよく聞きます。

ですが、それはしっかり物事を分解していなから発生するのでしょう。

以下、2つの質問を投げかけます。

あなたは、店舗運営の新人さんどちらの質問を投げかけられたほうがより良いアイデアがでるでしょうか?

A) 店舗の売上をあげるために、
アイデアを30個考えてきてほしい。

B)店舗の売上をあげるために、
新規客を増やす方法10個
リピート客を増やす方法10個
単価を上げる方法10個

どちらが、より良いアイデアがでるでしょうか?

答えは当然 B

売上 = 新規客 × リピート × 単価

っていう、ジェイ・エイブラハムというおっちゃんが教えてくれた数式がありますね。

売上を分解して考えれば具体的になり、答えに早くたどり着けます。

あなたが、どれでけ日々、分解してものごとを考えているかどうか?

この【深度】によって物事のへの理解、対応の深さが決まるんじゃないかなと。

僕と一緒に毎日分解していきましょう!

追伸:

分解にはマインドマップよ。

僕は起業前に学んでよかったのはマインドマップですね。

いまだに使っています。
分解力が鍛えられるから(笑)

追伸2:
セミナー集客の秘訣を知りたい方はこちらから

swm

\ SNSでシェアしよう! /

田中祐一公式ブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

田中祐一公式ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

田中 祐一

田中 祐一

1986年1月23日生まれ新潟県出身。
芝浦工業大学材料工学科卒業後、株式会社NTTデータに入社。意識高い系の彼女に安定企業で給料をもらう生活を馬鹿にされフラれた事がきっかけで起業の道を志す。
クライアントのプロダクトローンチを実践することで、年商300万円のクライアントが、30日で4000万円を売り上げている。
現在はエンジニアの経験を活かした、緻密なマーケティング・プロセスを設計し、爆発的に売り上げをあげるプロダクトローンチを武器にビジネスを展開。累計5億円以上の販売実績がある。ネット集客の専門家として全国の商工会議所で販売促進セミナーも開催している。

この人が書いた記事  記事一覧

  • NO IMAGE

    イスラム、砂漠、女性の活躍

  • 【本日まで】プロデューサー講座エントリー締め切ります

  • 【明日まで】プロデューサー講座、続々とエントリーされています!

  • ついにエントリー募集開始!PP講座

関連記事

  • ただ稼ぐだけじゃ幸せに成功できない!

  • 香川県からローンチで548万円!

  • 125万部ベストセラー著者の頭の中

  • ウェルク問題が教えてくれること

  • プロダクトローンチの本質とは?

  • ローンチで抑えるべきポイントはこの3つ