1. TOP
  2. 求められる器

求められる器

 2019/10/31 マーケティング
この記事は約 3 分で読めます。 96 Views

田中祐一です。

「地味な起業」の帯が変わったぜー!

いやっほーーい。

4刷りからのビジュアルはこちら
https://amzn.to/34kqB0r

堀江貴文さんの推薦が入りました。

YouTube動画は「ハッタリの流儀リターン」
で購入しましたが、帯はSBクリエイティブ社の
信用をお借りしたものなのです。

つまり、俺の力ではない。

ホリエモンチャンネルに出たことが
きっかけで本を読んでもらえたのかも
しれませんが・・・

いずれにせよ、出版社さんの
努力の結果なのです。

僕もプロダクトローンチの
プロデューサーをやっているので
裏方の気持ちはよくわかります。

スポットライトはどうしても
著者(コンテンツホルダー)に
あたります。

この時にコンテンツホルダーが

A)私の実力!
B)みんなのおかげ!

となるのかで、チーム全体の
士気が変わります。

売れている時こそ、
感謝を忘れない。

確かに行動レベルだと
お互いに改善すべきことは
あると思う。

でも細かなミスを気にしていたら
大きな目的は達成できません。

僕は常々思うんですよね。

コンテンツホルダーに
求められていることは”器”の
大きさだなと。

どんな時も
どっしり動じない。

細かいことはプロデュースチームなので
屋台骨としてどっしりすることが
大事です。

あれ、どうなっている?
これ、どうなっている?

本当に細かいことまで気にしていたら
チーム全体がやりづらくなって
停滞してしまいます。

多分、編集さんもそのような経験が
色々あって、著者を編集以外に
極力合わせない。

ようにしているのかと思います。
(これは妄想)

だってほとんどのやり取りは
編集者しかしないですからね。

大事なことは「感謝」

みんなのおかげでうまくいった。
この感謝をコンテンツホルダーから
もらいたくて仕事をしているのかも。

最高のチームだったと。

ああ、自分で書いていて
まだまだ著者として器が
狭いなと思ってきました。

僕はまだ、編集の小倉さん然り、
SBクリエイティブ社のメンバーに
感謝を伝えられていない。

このメルマガで書きます。

いつも最高の働きをしてくださって
ありがとうございます。

ええ、わかっています。

近いうちに直接伝えますね。
菓子折り持って。

著者として、
どっしりやるべきことを
やっていきますよぉ!

これがチームで働く
マインドセットかと思っております。

ではでは。

\ SNSでシェアしよう! /

田中祐一公式ブログの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

田中祐一公式ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

田中 祐一

田中 祐一

1986年1月23日生まれ新潟県出身。
芝浦工業大学材料工学科卒業後、株式会社NTTデータに入社。意識高い系の彼女に安定企業で給料をもらう生活を馬鹿にされフラれた事がきっかけで起業の道を志す。
クライアントのプロダクトローンチを実践することで、年商300万円のクライアントが、30日で4000万円を売り上げている。
現在はエンジニアの経験を活かした、緻密なマーケティング・プロセスを設計し、爆発的に売り上げをあげるプロダクトローンチを武器にビジネスを展開。累計5億円以上の販売実績がある。ネット集客の専門家として全国の商工会議所で販売促進セミナーも開催している。

この人が書いた記事  記事一覧

  • NO IMAGE

    迷走中です。それでも成果を上げねばならん。

  • NO IMAGE

    ゆっくりと成功していいじゃない

  • NO IMAGE

    凄腕マーケッターになる方法

  • NO IMAGE

    タスクの”解像度”を しっかり把握しよう

関連記事

  • ついにエントリー募集開始!PP講座

  • イスラム、砂漠、女性の活躍

  • ウェルク問題が教えてくれること

  • NO IMAGE

    これも差別化になるよ。

  • NO IMAGE

    Dカップの法則:男女問わず必見!

  • スマートフォンサイトを作成する際に設定するペルソナとは